@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

下学集【かがくしゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

下学集
かがくしゅう
著者は「東麓破衲 (とうろくはのう) 」の自序があるが未詳。2巻。文安1 (1444) 年成立刊行は遅れて元和3 (1617) 年。意義分類体の辞書室町時代の日常語彙約 3000語を天地時節など 18門に分け,簡単な説明を加えたもの。その主要目的はその語を表記する漢字を求めることにあった。室町時代のみならず江戸時代にも盛んに利用され,その写本,版本はかなりの数に上る。類似の性格をもつ『節用集』に影響を与えているとみられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かがくしゅう〔カガクシフ〕【下学集】
室町中期の国語辞書。2巻。著者未詳。文安元年(1444)成立。天地・時節・神祇(しんぎ)・言辞など18部門に分類し、用字・意味・語源を簡単に記したもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かがくしゅう【下学集】
日本の古辞書の一つ。1444年(文安1)成立。著者は,序末に〈東麓破衲〉とあるのみで不明。京都東山建仁寺の住僧かといわれる。ただし,その成立には《壒囊鈔あいのうしよう)》と密接な関係があると推定される。内容は〈天地〉〈時節〉以下18の門目を立てて,中世に行われた通俗漢語の類を標出し,多くの場合それに注を加えてある。配列が《節用集》のようにいろは順でないから,語の検索には不便である。大まかにいえば,《節用集》のほうは《下学集》をいろは引きに改修したものである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かがくしゅう【下学集】
国語辞書。編者は東麓破衲とうろくのはのうとあるが未詳。二巻。1444年成立。当時の国語を意義に従って天地・時節など一八門に分け、簡単な用字法・語源を記す。末書として、山脇道円の増補した「増補下学集」(1669年刊)ほかがある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

下学集
かがくしゅう
国語辞書。2巻。東麓破衲(とうろくはのう)(東山の麓(ふもと)の僧の意で、実名不明)著。1444年(文安1)の成立とされる。天地から言辞、畳字に至る18の部門に、日常に用いる漢字漢語を中心として約3000語を分類する。室町時代には盛んに利用されていたらしく、慶長(けいちょう)(1596~1615)以前の古写本だけでも30以上現存する。版本は1617年(元和3)刊本がもっとも古い。しかし、のちに成立した『節用集(せつようしゅう)』が、いろは順配列で検索に便利であったため、江戸時代の版行は振るわなかった。書名は『論語』憲問篇(へん)の「下学而上達」による。[沖森卓也]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かがくしゅう カガクシフ【下学集】
室町中期の百科事典的国語辞書。二巻。著者未詳(序文には、東麓の破衲とある)。文安元年(一四四四)成立。書写年代の明らかな写本では文明一七年(一四八五)のものが最も古く、版本には元和三年(一六一七)以後各種の版がある。天地、時節、神祇、言辞など一八部門に分類して、片仮名で読みを記し、漢文で注を加えたもの。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

下学集
かがくしゅう
室町時代の漢和辞書
2巻。1444年の序がある。著者不明。天地・時節・数量・言辞・人倫など18部門よりなり,漢字に片仮名 (よみ) をつけ,大部分に漢文で注を施してある。子供の文字の勉強のためのものであるが,当時の国語資料としても重要。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

下学集」の用語解説はコトバンクが提供しています。

下学集の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation