@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

下山【しもやま】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

下山
しもやま
愛知県北部,豊田市南部の旧村域。美濃三河高原南東部にある。 1906年村制。 1956年額田郡下山村の一部を編入。 2005年豊田市に編入。林野大部分を占め,人工造林共有林が多い。高原を利用する農業もあるが兼業化が進み,周辺都市の自動車関連工場へ通勤する人が多い。人造三河湖 (巴川貯水池) は,もみじ狩りやマス釣りでにぎわう。愛知高原国定公園および天竜奥三河国定公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

げ‐ざん【下山】
[名](スル)《「げさん」とも》
山を下りること。「全員が無事下山する」⇔登山
で一定期間修行したのち、俗世間に出てゆくこと。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

下山
しもやま

愛知県中東部、東加茂郡(ひがしかもぐん)にあった旧村名(下山村(むら))。現在は豊田(とよた)市の南東部を占める一地区。下山の地名は『和名抄(わみょうしょう)』の信茂(しも)郷による。2005年(平成17)豊田市に編入。国道301号、420号、473号が走る。三河山地上の小盆地で林野率70%以上、盆地内には水田もある。矢作(やはぎ)川の支川巴(ともえ)川上流の羽布ダム(はぶだむ)(三河湖)は農業用水に利用され、観光地(釣りやボート遊び)ともなっている。三河高原牧場もある。また、野原川の渓流でもマス釣りができる。特産物は下山茶、シクラメン。豊田市の中心市街一帯への通勤者が増え兼業農家化が進んでいる。

[伊藤郷平]

『『下山村誌』(1962・下山村)』『『下山村史』(1986~ ・下山村)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

げ‐ざん【下山】
〘名〙 (古くは「げさん」)
① 山をおりること。
※文明本節用集(室町中)「下山 ゲサン」
※湖畔手記(1924)〈葛西善蔵〉「下山の準備で屋根屋、大工、経師屋などはひってゐるので」 〔南史‐隠逸・鄧郁伝〕
② 山にこもって修行していた者が、俗世間へ出てゆくこと。また、山寺で修行を終えて家に帰ること。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※俳諧・落日庵句集(1780頃か)「銀杏踏てしつかに児(ちご)の下山哉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しもやま【下山】
姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

下山」の用語解説はコトバンクが提供しています。

下山の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation