@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

下座【げざ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

下座
げざ
歌舞伎用語。古くは「外」とも書いた。歌舞伎の演出効果を高める音楽を演奏する場所が舞台下手 (向って左) の黒塗りの御簾 (みす) を垂らした黒板塀の奥であるため,その場所を示す用語として,またその黒御簾の奥で演奏される音楽の総としても用いられているが,普通には後者をさす。下座音楽,黒御簾あるいは陰などともいわれ,歌舞伎音楽の代名詞的な役割を果している。初期の歌舞伎では,舞踊の伴奏音楽の奏者も舞台に出て,観客の面前で演奏していた出囃子であったが,せりふ劇の発達により,舞踊あるいはこれに類似する演技の地方 (じかた) をつとめる以外は,舞台から退き,陰にあって,必要に応じて舞台効果を強調する役目を果すようになった。下座はその成立以来,劇場専属の長唄囃子方が担当している。劇場の開場を知らせる一番太鼓に始り,幕の開閉,人物の出入り,動作,会話,そして最後の打出しにいたるまであらゆる場面にその効果を発揮し,あらゆる伝統的な日本音楽を遠慮なく歌舞伎化して利用する。下座に使用する楽器も多種多様であり,能楽系統の大鼓,小鼓,太鼓,笛,歌舞伎独自の三味線,大太鼓を主要楽器とし,さらに皮革製の楽太鼓,大拍子,豆太鼓,羯鼓 (かっこ) ,金属製の本釣鐘,銅羅,双盤,松虫,木製の笏拍子 (しゃくびょうし) ,木魚,木琴,砧,四つ竹など,あらゆる補助楽器が利用されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

げ‐ざ【下座】
[名](スル)
貴人に対して行う礼。座をおりて平伏すること。
「門番が忽ち本門の側に―した」〈鴎外渋江抽斎
しもての座席。しもざ。⇔上座
歌舞伎劇場で、囃子(はやし)方のいる席。また、囃子方。古くは舞台上手の奥にあったが、近世末期から下手に移った。外座(げざ)。
法臘(ほうろう)で、出家してから夏行(げぎょう)を9回するまでの僧侶の称。
僧侶説教などを終えて、高座から下りること。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しも‐ざ【下座】
人々が並んですわるとき、目下の者がすわる座席。末席。げざ。⇔上座(かみざ)
芝居の舞台で、客席から見て左の方。げざ。⇔上座

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳

下座
舞台下手(しもて。向かって左側)の黒御簾(くろみす)に囲まれた伴奏音楽用の部屋。ここで演奏されるものを下座音楽、黒御簾音楽ともいう。

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

大辞林 第三版

げざ【下座】
スル
しも座。末座。 ⇔ 上座
座を下りてひれ伏すこと。貴人に対する敬礼。 婢等は『お入来いででなさいまし』と襷を外しながらばたばた-をする/二人女房 紅葉土下座
歌舞伎で、囃子方はやしかたが観客に姿を見せずに演奏する場所。舞台の下手しもてにあり、舞台との境の窓に黒御簾くろみすを下げて客席からの視線をさえぎる。囃子方や下座音楽をさしてもいう。黒御簾。陰かげ。外座。
禅宗で、師が説法を終えて、その座からおりること。
下﨟げろうのこと。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しもざ【下座】
目下の者が座る座席。 ⇔ 上座かみざ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

げ‐ざ【下座】
[1] 〘名〙
① (━する) 高貴な人に対して行なう敬礼。座より下りて平伏すること。地上に平伏することを特に土下座といった。〔運歩色葉(1548)〕
※二人女房(1891‐92)〈尾崎紅葉〉中「婢等は『お入来(いで)なさいまし』とを外しながらばたばた下坐(ゲザ)をする」
② しもての座席。末座。しもざ。
※十訓抄(1252)一「大判事明兼が下座に候て、いささか口入(くにゅう)を申したりけるを」
※浄瑠璃・丹波与作待夜の小室節(1707頃)道中双六「家老衆の子同前に二番と下座に下がらぬ人」 〔新唐書‐宋璟伝〕
③ 劇場などで、舞台の陰の、囃子方(はやしかた)が演奏する席。また、その囃子方、その音楽。歌舞伎では古くは舞台上手(かみて)(=向かって右)の奥であったが、のちに下手(しもて)(=左)に移った。
※習道書(1430)「かなはねばとて、人数をたて、あまさへ、下座より同音をうたふ事、さらにさらに道にてはあるまじきなり」
※洒落本・祇園祭挑燈蔵(1802)初幕「唄やはやしをつけることを下座(ゲザ)へとると申ます」
④ 仏語。出家後の僧侶の年数、法臘(ほうろう)について、出家の年より安居(あんご)を九回終えたものまでをさす。
※十善法語(1775)九「食物は上座も下座も平等なるべく」 〔毘尼母経‐六〕
[2] 福岡県の中央部にあった郡。古くは「しもつあさくら」「しもつくら」と言った。明治二九年(一八九六)朝倉郡に統合されて消滅。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しも‐ざ【下座】
〘名〙
① 席の中で、最も下手(しもて)の座。下位の人などの着く座席。末席。げざ。⇔上座(かみざ)
※御伽草子・鉢かづき(室町末)「いかでてん人のやうがうをしもざにをくべき」
② 芝居の舞台で、客席から向かって左方の場所。しもて。⇔上座(かみざ)
※歌舞伎・幼稚子敵討(1753)六「位牌を二つ共に上座へ直し、其側へ兄弟が手を取、連れ行据へ、下座に直り手を突て」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

下座」の用語解説はコトバンクが提供しています。

下座の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation