@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

下田【しただ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

下田
しただ
新潟県中部,魚沼丘陵北部から越後山脈にある三条市南部の旧村域。 1955年長沢村,森町村,鹿峠村の3村が合体して下田村が発足。 2005年三条市,町と合体して三条となった。信濃川支流五十嵐川沿岸にあり,かつては三条の鍛冶炭の産地であった。おもに米作畜産,野菜・山菜栽培を行ない,県立畜産試験場がある。笠堀には国の天然記念物であるカモシカ生息地があるほか,県営発電ダムがある。守門川沿いに越後長野温泉がある。一部は越後三山只見国定公園奥早出粟守門県立自然公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

下田
しもだ
青森県南東部,おいらせ町西部の旧町域。三本木原の南東部に位置する。 1969年町制。 2006年百石町と合体して,おいらせ町となった。南部に奥入瀬川が東に流れ,その流域には水田地帯が開けている。米作,ナタネ,ジャガイモの栽培のほか,養豚も行なわれている。北部では農業,八戸市に隣接する南東部では工業の振興がはかられている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

下田
しもだ
高知県南西部,四万十川河口部左岸に位置する四万十市集落。 1954年に近隣町村と合体して中村市となるまでの旧町域。中世末期以来,中心集落の中村および四万十川流域の外として発達上流江川崎まで船便があったが,陸運が発達し土砂堆積で河口が浅くなり,港としての機能は弱まった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しもだ【下田】
静岡県、伊豆半島の南東端にある市。近世以後、東西交通の要港。安政元年(1854)日米和親条約によって開港され、同6年横浜開港までアメリカ総領事館が置かれた。現在は観光都市。人口2.5万(2010)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

げ‐でん【下田】
地味がやせていて収穫の上がらない田地。⇔上田(じょうでん)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

げでん【下田】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

しもだ【下田】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

げでん【下田】
田租を定めるため、田を等級分けしたうち、地味のやせた最下等の田地。 → 上田中田

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しもだ【下田】
静岡県伊豆半島南東部にある市。江戸時代下田奉行が置かれた要港。1853年黒船来航を機に翌年開港。南伊豆の温泉・観光基地で史跡に富む。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しもだ【下田】
姓氏の一。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

げ‐でん【下田】
〘名〙 地味のやせた下等の田地。痩田。→上田中田
※続日本紀‐延暦一〇年(791)五月戊子「国郡司、及殷富百姓、或以下田易上田」 〔呂氏春秋‐上農〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しもだ【下田】
静岡県伊豆半島の南東部の地名。半島第一の良港として古くから繁栄。元和二年(一六一六)以後、幕府の直轄地となり、下田奉行、船改番所が置かれた。安政元年(一八五四)日米和親条約の締結によって開港場となり、アメリカ合衆国の領事館が置かれ、下田条約の締結地となった。史跡に富む観光地。昭和四六年(一九七一)市制。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しもだ【下田】
(「しもた」とも) 姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

下田
しもだ
静岡県,伊豆半島南端にある良港
1616年以後江戸幕府の直轄地下田奉行が置かれた。菱垣・樽両廻船はもとより東廻り航路の船も入港,風待ちをして江戸へ向かった。1854年日米和親条約により開港。'56年ハリスが玉泉寺に総領事館を開設した。安政条約により港を閉鎖した。1971年市制施行。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

下田」の用語解説はコトバンクが提供しています。

下田の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation