@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

下種【ゲシュ】

デジタル大辞泉

げ‐しゅ【下種】
仏語。信仰を人々にうえつけること。仏法にはじめて結縁(けちえん)する段階をいう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

げ‐す【下種/下衆/下司】
[名・形動]
心根の卑しいこと。下劣なこと。また、そのようなさまやその人。「―な根性は持つな」
身分の低い者。
「未学を軽んぜず―をも侮らず」〈露伴五重塔
げし(下司)」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

か‐しゅ【下種】
〘名〙 種をまくこと。種まき。種おろし。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

げ‐しゅ【下種】
〘名〙 仏菩薩が衆生に成仏、得道の種子を下ろすこと。主として天台宗で用いる。
※阿彌陀新十疑(平安中)「初生下種、第二生能純熟、第三生欲往生願之人、豈更造十悪五逆

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

げす‐・い【下種】
〘形口〙 品性が下品である。
※洒・美地の蠣殻(1779)「けすひ新をば呼ばせたから」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

げす‐し【下種】
〘形シク〙 身分が卑しい。または、品性が下劣で卑しい感じである。下品だ。
※塵袋(1264‐88頃)六「双六は下臈のしわざにてかみつかたにはせぬことのやうにおもへるはゆへありや、これらを思ふにはさしも、げすしきゆへあるべしともおぼえず」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

下種」の用語解説はコトバンクが提供しています。

下種の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation