@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

下肥【しもごえ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

下肥
しもごえ
night soil
肥料として使う人糞尿のこと。新鮮な下肥料成分は,普通の日本人の場合,水分 95%,窒素 0.5~0.7%,リン酸 0.11~0.13%,カリウム 0.2~0.3%で,ほかに石灰苦土ケイ酸の少量と約1%の食塩から成っている。肥料として濃厚ではないが,速効性があり,基肥追肥両方に使われる。新鮮な下肥は作物に有害であり,衛生上も寄生虫などの危険があるので,貯蔵して腐熟を待ってから使用する。夏ならば1~2週間,冬ならば3~4週間で腐熟する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しも‐ごえ【下肥】
人間の大小便を肥料にしたもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しもごえ【下肥】
糞尿(じんぷんによう)を肥料にしたもの。江戸時代から肥料としてたいせつに取り扱われるようになり,明治以降もこの状態が続き,第2次世界大戦中は販売肥料の供給が制限されたためとくに重用された。しかし昭和30年代に入り,化学肥料の普及とともに使用は急減した。現在,都市の人糞尿は汚水処理場で処理され(屎尿(しによう)処理),処理されたものの肥料化が試みられている。新しい糞尿は農作物に有害であるだけでなく,病原菌や寄生虫卵が混入しているおそれがあり非衛生的なので,一定期間腐熟させてから用いる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

下肥
しもごえ

人糞尿(じんぷんにょう)を腐熟させたもので、日本では江戸時代以降よく使われるようになり、とくに速効性肥料の乏しかった第二次世界大戦のころには重要な窒素肥料であった。しかし化学肥料の普及により、都市部はいうに及ばず農村においてもほとんど使用されず、廃棄処理に苦労するようになった。現在は下水処理システムから生ずる汚泥となり、その一部が肥料として施用されている。下肥中の成分組成は人種、年齢または都市・農村居住者などの違いによって異なるが、窒素0.5~0.7%、リン酸0.1~0.2%、カリ(カリウム)0.2~0.3%程度を含み、このほか約1%の食塩、少量の石灰、苦土(酸化マグネシウム)、ケイ酸を含んでいる。夏の高温時で1~2週間、冬の低温時で3~4週間貯蔵腐熟させたのち、2、3倍に薄めて施用する。かつて東京、大阪などの大都市近郊の野菜畑では、下肥の連用によって土壌が酸性となり、生育障害の発生がみられた。これは、下肥中に含まれる食塩の作用によっておこるものである。

[小山雄生]

『野崎信夫著『自給肥料堆肥・緑肥・下肥の作り方と与へ方』(1946・遠藤書店)』『加藤貴編『大江戸歴史の風景』(1999・山川出版社)』『礫川全次編『厠と排泄の民俗学』(2003・批評社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しも‐ごえ【下肥】
〘名〙 人間の糞尿を肥料としたもの。しもごい。
※俳諧・二息(1693)「下(しもごえ)とるに障子立させ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

下肥」の用語解説はコトバンクが提供しています。

下肥の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation