@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

不偏不党【フヘンフトウ】

デジタル大辞泉

ふへん‐ふとう〔‐フタウ〕【不偏不党】
いずれの派・主義にもかたよらず、公平・中立立場をとること。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふへん‐ふとう ‥フタウ【不偏不党】
〘名〙 (形動) どの党、どの主義にも加わらないこと。どちらにもかたよらないで、公正・中立の立場に立つこと。また、そのさま。
※続日本紀‐養老七年(723)一〇月乙卯「王者不偏不党、尊用耆老、不故旧、徳沢流洽、則霊亀出」
※解体の日暮れ(1966)〈杉浦明平〉三「ぼくは不偏不党でないと新聞をやってゆくのにつごうわるいので」 〔呂氏春秋‐士容〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

四字熟語を知る辞典

不偏不党
どの党、どの主義にも加わらないこと。どちらにもかたよらないで、公正・中立の立場に立つこと。

[活用] ―の・―に。

[使用例] ぼくは不不党でないと新聞をやってゆくのにつごうわるいので[杉浦明平解体日暮れ|1966]

[使用例] 政治は不偏不党の立場からこそ一番よく観察できるはずだというのも[高橋和巳*白く塗りたる|1970]

[解説] 「偏」はかたよる、公平・中正でない、「党」は仲間を組む、という意味。

出典:四字熟語を知る辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

不偏不党」の用語解説はコトバンクが提供しています。

不偏不党の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation