@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

不動産銀行【フドウサンギンコウ】

デジタル大辞泉

ふどうさん‐ぎんこう〔‐ギンカウ〕【不動産銀行】
債券を発行して資金を調達し、不動産担保の長期貸付を行う銀行日本債券信用銀行や、昭和25年(1950)普通銀行に転換する以前の日本勧業銀行北海道拓殖銀行など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

不動産銀行
ふどうさんぎんこう
抵当債券の発行により不動産所有者に抵当貸付をする長期信用銀行のこと。歴史上代表的なものには、ドイツのバイエルン抵当・振替銀行(1835創立)、第一プロイセン抵当株式会社(1863創立)、フランスの不動産銀行(1861創立)、わが国の日本勧業銀行(1897創立)などがある。日本勧業銀行は、日本銀行を補完して農業振興のための金融を行うことを意図した特殊銀行の一つであったが、しだいに市街地抵当貸付が増大して不動産銀行化した。第二次世界大戦後は、1957年(昭和32)長期信用銀行法により利付・割引金融債をおもな資金源として中小企業向け不動産抵当貸付を行うことを目的とする日本不動産銀行(後の日本債券信用銀行。現、あおぞら銀行)が設立された。戦後の長短金融の分離制度は、金融自由化に伴い事実上変化してきており、普通銀行がスワップ市場で自行の変動金利債務を長期信用銀行の金融債の長期固定金利債務と交換することによって、住宅ローンや不動産融資に取り組んでいる。[土方 保]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふどうさん‐ぎんこう ‥ギンカウ【不動産銀行】
〘名〙 土地またはその他の不動産を抵当として貸付を行ない、債券を発行してその資金を調達する銀行。かつての日本債券信用銀行、普通銀行に転換する前の日本勧業銀行・北海道拓殖銀行など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

不動産銀行」の用語解説はコトバンクが提供しています。

不動産銀行の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation