@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

不変鋼【ふへんこう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

不変鋼
ふへんこう
invar
英語読みでインバー,フランス語読みでアンバーともいう。鉄 63.5%,ニッケル 36.5%を基調とする合金。通常の金属の熱膨張率はタングステンモリブデンオスミウムなどの 4.5× 10-6 /℃を最小とするが,本合金のそれは 0.89× 10-6 /℃と異常に小さく,発見者の M.C.E.ギヨームがフランス語の invarible (不変の意) の前半をとって命名した。その後日本の増本量らにより,鉄 63%,コバルト5%,ニッケル 32%,膨張率1× 10-7 /℃の超不変鋼がつくられた。これらは測長テープ,時計その他計器,バイメタルなどに用途が広い。ギヨームはさらに研究を進め,ニッケル 36%,クロム 12%,マンガン1~2%,タングステン1~3%,炭素 0.8%,残り鉄の合金が,膨張率はさほど小さくはないが,弾性の温度係数がほとんど0,すなわち温度が変化しても弾性が変らないことを見出した。これは弾性不変の意味で「エリンバー」と名づけられ,これも以後多くの改良品種が出ている。単に不変鋼といえばアンバーのことである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

不変鋼」の用語解説はコトバンクが提供しています。

不変鋼の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation