@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

不定根【ふていこん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

不定根
ふていこん
adventitious root
根以外の部分,すなわちから2次的に発生するシダ植物単子葉植物では一般に主根の発達が悪く,茎から多数生じてひげ根となり,トウモロコシでは茎の下部の節から多数の根を生じ,いわゆる支柱根となる。またキヅタの茎では他物に接した側から気根を生じる。また挿木による発根現象なども好例の幼根から発生的に生じ,分枝して生長する定根に対する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ふていこん【不定根】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ふていこん【不定根】
植物の定根ていこん以外の根。普通には、葉・茎から出る根をいう。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

不定根
ふていこん
(はい)の幼根が成長した主根、およびそれから二次、三次と分枝して生じる側根を定根とよぶのに対し、茎や葉から生じた根を不定根という。不定根は、シダ植物や単子葉植物、根茎や匍匐(ほふく)茎で繁殖する双子葉植物などで普通にみられる。地上部からの気根も不定根である。このような場合、不定根のほとんどは節のところから出る。また、人為的にも挿木や組織培養したカルスなどからも不定根を出させることができる。ベゴニアやベンケイソウなどでは、切り取った葉から不定芽とともに不定根を生じる。
 不定根の発生は、茎では、やや成熟または成熟した維管束近くの柔組織の細胞分裂活動の再開、および根端分裂組織の形成という過程でおこる。つまり、内生的発生を示しているわけである。こうした不定根の特徴は、側根の発生とも類似している。[西野栄正]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふてい‐こん【不定根】
〘名〙 一定の場所以外から二次的に発生する根。主根以外はすべて不定根である。一般には茎や葉から出る根をさす。挿木(ヤナギ・バラ)・再生根(タンポポ)・地下茎(ハス・トクサ)・節間(ワラビ)・葉(ベンケイソウ)などの場所から発生する。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ふてい‐こん【不定根】
葉や茎から二次的に発生する根。主根以外の根。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

不定根」の用語解説はコトバンクが提供しています。

不定根の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation