@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

不定詞【ふていし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

不定詞
ふていし
infinitive
動詞がとる形態の一つ。時制,態,人称,数による語形替変をしている定動詞に対して,そうした文法範疇の意味を含まず,語彙的意味,すなわちその動詞の表わす動作過程だけを示す。たとえば英語で,am,are,is,was,wereに対する beの形。特に英文法でよく用いられる用語であるが,英文法では前置詞 toに先立たれた形も不定詞といい,ときには toがつかない形を原形不定詞 root-infinitiveと呼ぶ。 toがついた不定詞に名詞的,形容詞的,副詞的に三大別される用法を認める。古代ギリシア語ラテン語では人称,数による替変はしなかったが,態や時制による別があったので,の一つと考えられ,不定法と呼ばれた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ふてい‐し【不定詞】
infinitive》英文法などで、人称・時制などの標識をもたない動詞の形態。定動詞に対する。主語となりうるなど名詞的機能を持つ。不定法。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ふていし【不定詞】
ヨーロッパ諸語にみられる動詞の形態の一。また、その用法。定動詞に対する。人称・数について形態上の区別がなく、個々の動詞が表す行為などの内容を表現する名詞的機能をもつ。不定法。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふてい‐し【不定詞】
〘名〙 (infinitive の訳語) 英文法などで、主語の人称、数、時制などに左右されることなく用いられる動詞の形態。I can go. You can go. における go など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

不定詞」の用語解説はコトバンクが提供しています。

不定詞の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation