@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

不断【フダン】

デジタル大辞泉

ふ‐だん【不断】
[名・形動]
とだえないで続くこと。また、そのさま。「不断な(の)努力」
決断力に乏しいこと。また、そのさま。「優柔不断
(「普段」とも当てて書く)日常のこと。副詞的にも用いる。平生(へいぜい)。いつも。「不断の心がけ」「不断から注意している」「不断テレビはあまり見ない」
普通[用法]
[アクセント]12はフダン3ダン。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ふだん【不断】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ふだん【不断】
[0][1] 名 ・形動 [文] ナリ 
絶えないこと。いつまでも続くこと。また、そのさま。 -の努力 掘ぬきの水が-に流れてゐた/黴 秋声
決断力がない・こと(さま)。 優柔-
[1]
現代では多く普段と当てて書かれる いつもその状態であること。日頃。副詞的にも用いる。 人間は-が大切だ -心掛けている健康法

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふ‐だん【不断】
〘名〙 (形動)
① 物事が絶えないこと。絶え間なく続くこと。また、そのさま。
※宇津保(970‐999頃)菊の宴「忠こその阿闍梨も、大願を立てて、聖天の法をふだんに行ひ」 〔漢書‐劉向伝〕
② (あて字で「普段」とも。副詞的にも用いる) いつも同じようであること。はじめからすこしも変わらないこと。いつもの状態であるさま。いつも。へいぜい。通常。日常。〔名語記(1275)〕
※浮世草子・好色一代女(1686)三「美女美景なればとて、不断(フダン)見るにはかならずあく事身に覚て」
③ 決断力がないこと。ぐずぐずしていること。また、そのさま。〔漢書‐元帝紀賛〕
[補注]②の意味に対応するようにあてられた表記は「平常」「平日」「平生」のほか、「平素」(永井荷風「腕くらべ‐一八」)などが見られる。現在使用されている「普段」は明治以降のあて字。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

不断」の用語解説はコトバンクが提供しています。

不断の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation