@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

不条理劇【ふじょうりげき】

世界大百科事典 第2版

ふじょうりげき【不条理劇 theatre of the absurd】
1950年代のフランスを中心として興った前衛劇。代表的な劇作家にパリで活躍したイヨネスコベケットアダモフジュネがおり,その影響を受けたイギリスのピンター,アメリカのオールビー,ドイツのグラス,ポーランドムロジェクなどの作品が含まれる。この名称を一般化したのはマーティンエスリンの著者《不条理の演劇》(1961)であり,それによると不条理の演劇は世界における人間の条件の不条理性を舞台に如実に提示するものである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

不条理劇
ふじょうりげき
Théâtre de l'absurde フランス語

世界における人間のあり方を不条理ととらえ、それを劇の契機とする演劇。広く考えれば、すでに古代ギリシアの悲劇も宿命という名で不条理を劇の中心に置いているが、普通には、実存主義やシュルレアリスムの思想を背景に、カフカなどの影響を受け、ストリンドベリやジャリを先駆とする第二次世界大戦後のフランスを中心にした前衛劇をさす。世界の不条理と存在の無償性を示すために既成の劇形式を借りたのが、サルトルの『蠅(はえ)』(1943)や『出口なし』(1944)、カミュの『カリギュラ』(1944)や『誤解』(1944)である。これらの戯曲は、統一ある人格をもった登場人物の筋の通った行動によって劇を進行させ、その裏に隠れた不条理性を論理的に徐々に説明してゆく。これに対して、それをより直接的、具体的に観客に示すために古典的な劇概念を破壊したのが、イヨネスコの『禿(はげ)の女歌手』(1950)、ベケットの『ゴドーを待ちながら』(1953)、ジュネの『女中たち』(1947)、アダモフの『侵入』(1950)などである。これらの作品では、登場人物が自己同一性を、言語がその伝達能力を、時間・空間が現実性を失って、演劇そのものが不条理となるので、とくにアンチ・テアトルanti-théâtre(反演劇)とよばれることもある。しかし、既成の演劇の主題であった日常的な心理や性格の描写とそれに伴う物語を排することによって、人間の置かれた根本的な状況についての問いかけを純粋に舞台化した点で、むしろ演劇の原点に帰る試みであるともいえる。パリにおけるこれらの戯曲の上演の成功は国際的影響を及ぼし、イギリスのピンター、アメリカのオールビー、ドイツのワイス、ポーランドのムロジェクなどが輩出し、フランスでもアラバール、ワインガルテンらが活躍、さらに日本でも別役実(べつやくみのる)がこの傾向を代表している。

[安堂信也]

『マーチン・エスリン著、小田島雄志他訳『不条理の演劇』(1968・晶文社)』『『現代世界演劇6~8(不条理劇1~3)』(1971・白水社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

不条理劇」の用語解説はコトバンクが提供しています。

不条理劇の関連情報

関連キーワード

新藤兼人斎藤寅次郎アフリカン・アメリカン音楽ロック(ポピュラー音楽)大庭秀雄黒澤明電気機械器具工業成瀬巳喜男マキノ雅広森一生

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation