@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

不況【フキョウ】

デジタル大辞泉

ふ‐きょう〔‐キヤウ〕【不況】
景気循環の一局面で、経済が停滞している状態。雇用量・生産量などの縮小物価賃金利子率などが低い水準を続ける。⇔好況

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ふきょう【不況 depression】
経済の全体的な活動状態が沈滞していること,またはその時期のこと。不景気ともいう。反対に経済活動が活発であること,またはその時期を好況prosperityという。近代の歴史をみると,好況と不況が交互に,しかもある程度の周期性をもちながら現れてきているが,その現象景気循環という。不況期には生産が減少し,雇用も減退する。さらに企業の倒産失業が増加する。このような状況が経済全体に急激に現れるときのことを恐慌という。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ふきょう【不況】
景気が悪いこと。潜在的な供給能力に対し有効需要が不足して経済活動が停滞している状態。不景気。 ⇔ 好況 -の波をかぶる

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

不況
ふきょう
資本主義経済において、有効需要の不足などのために経済活動が停滞している状況をいう。景気循環の一局面として好況と対応して用いられる場合と、構造不況世界同時不況などのように、構造的、傾向的な現象としてみられる場合とがある。いずれの場合でもそれは、投資の減退、生産・消費の減少、失業・倒産の増加、賃金・物価・株価・金利などの低下として現れるが、もっとも本質的な指標は企業利潤の減退である。[一杉哲也]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふ‐きょう ‥キャウ【不況】
〘名〙 (形動) 資本主義社会における景気変動の一局面。投資・生産・雇用の減少、物価・利潤の低落などをきたし、経済活動全体が沈滞する状態。不景気。⇔好況
※真理の春(1930)〈細田民樹〉森井コンツェルン「日本商船の不況(フキャウ)を見越し、手持証券全部を手放すやうな」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

不況」の用語解説はコトバンクが提供しています。

不況の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation