@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

不浄【フジョウ】

デジタル大辞泉

ふ‐じょう〔‐ジヤウ〕【不浄】
[名・形動]
けがれていること。また、そのさま。「不浄な(の)身」「不浄な(の)金」
月経(げっけい)
大小便
便所。「不浄に立つ」→御不浄

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふ‐ぞう〔‐ザウ〕【不浄】
[名・形動ナリ]ふじょう(不浄)」に同じ。
「今宵より―なることあるべし」〈かげろふ・下〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ふじょう【不浄】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ふじょう【不浄】
名 ・形動 [文] ナリ 
心身がきよらかでないこと。けがれていること。また、そのさま。 -の身 -な金
月経。 かくてほどもなく、-のことあるを/蜻蛉
大小便。下肥しもごえ見れば-をになへり/咄本・醒睡笑
便所。ごふじょう。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふ‐じょう ‥ジャウ【不浄】
〘名〙
① (形動) 清浄でないこと。心身の汚れていること。また、そのさま。けがれ。ふぞう。
※天草本伊曾保(1593)狼と狐の事「アマリニ、ドロニ ケガレテ ゴザヲモ fujǒni(フジャウニ) ナシタテマツラバ」 〔禅要経〕
② 女性のけがれ。月経。月のもの。ふぞう。
蜻蛉(974頃)中「かくてほどもなく、ふじゃうのことあるを」
③ 精液。
※説経節・説経苅萱(1631)上「をんなのやくとて、をっとのふせうをうけとって、たいないに七月はんにまかりなる、みづこをうけとり申たよ」
④ 大小便。
咄本醒睡笑(1628)一「見れば不浄をになへり」
⑤ 便所。ごふじょう。
※神楽坂(1935)〈矢田津世子〉三「一枚の紙も使ひやうだというて、字を書いて洟をかんで、それを火鉢で乾してから不浄へ用ひる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふ‐ぞう ‥ザウ【不浄】
※蜻蛉(974頃)下「行ひもせばやと思ふ、こよひよりふざうなる事あるべし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

不浄」の用語解説はコトバンクが提供しています。

不浄の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation