@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

不知火【しらぬい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

不知火
しらぬい
有明海八代海沿岸で真夏にみられる光の異常屈折現象。海上漁火(いさりび)が際の数よりもずっと多く明滅し,また横に広がってみえる奇観を呈する。これは夜になって干潟海面温度に差が生じると,その上の空気の密度も異なり,微風があると密度の異なる空気の小気塊が湾内を満たし,それらがレンズと同様の作用をして,光が不規則屈折をするために起こる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

不知火
しらぬひ
熊本県中部,宇城市西部の旧町域。宇土半島南東岸に位置し,八代海に臨む。「しらぬい」ともいう。 1956年不知火村と松合町が合体し不知火町が発足。 2005年小川町,豊野町,松橋町,三角町と合体し宇城市となる。丘陵地でミカン,ブドウの栽培低地施設園芸が盛ん。松合は漁業集落で,旧暦8月1日 (八朔) の夜は不知火の見物客でにぎわう。装飾古墳桂原古墳や大見川上流の石畳などの古跡,景勝地がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しらぬ‐い〔‐ひ〕【火】
九州の有明海八代海(やつしろかい)で、夜間無数の光が明滅する現象。漁船の漁火(いさりび)が異常屈折によって光像を作るために起こる。八朔(はっさく)(陰暦8月1日)ごろの月のない夜に多くみられる。 秋》「―の見えぬ芒にうずくまり/久女

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しらぬ‐ひ【知火】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

不知火(しらぬひ)
熊本県宇城市にある。国道266号に沿う。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

不知火
熊本県、鹿児島県、愛媛県、香川県、静岡県などで生産される柑橘類。一般に「デコポン」の名で知られる。実の重さ200~280g程度で、果皮は黄橙、糖度は高く美味。なり口が盛り上がった形状が特徴。「清見」と「中野3号」の交配により国内で育成された品種。「デコポン」はJA熊本果実連の登録商標。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

不知火
プロレスののひとつ。相手に乗せたまま後方回転ジャンプし、後頭部に叩きつける。日本人レスラー、丸藤正道のオリジナル技で、いくつかのバリエーションがある。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しらぬい【不知火】
光の異常屈折のために,一点の漁火(いさりび)でも左右に細長くのびて見える現象。九州の八代海(別名不知火海)や有明海で夏の朔日(さくじつ)(旧暦の1日で大潮になる日),特に八朔(旧暦8月1日)によく見られる。この現象は《日本書紀》景行紀にも記され,古くから知られていたが,その正体が不明のまま不知火といいならわされてきた。1937年宮西通可(1892‐1962)が現地の観測と室内実験で,不知火現象のおこる機構を説明した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しらぬい【不知火】
夜間の海上に多くの光が点在し、ゆらめいて見える現象。九州の八代やつしろ海・有明海で見られるものが有名。干潟の冷えた水面と大気との間にできる温度差によって、遠くの少数の漁火いさりびが無数の影像を作る、異常屈折現象とする説が有力。しらぬひ。 [季] 秋。 景行天皇が肥の国を討伐した際、暗夜の海上に正体不明の火が無数に現れたという故事がある

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しらぬひ【不知火】
しらぬい不知火

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しらぬ‐い ‥ひ【不知火】
〘名〙 九州の八代(やつしろ)海や有明海に夜半点々と見られる怪火。《季・秋》
※河越千句(1470)三「つくし路や都遙に上るらん〈道真〉 しらぬ火見ゆる淀の舟つき〈中雅〉」
[語誌](1)「書紀‐景行一八年五月」の条に、景行天皇九州巡幸の際、航行中に日が暮れたが火影に導かれて岸に着くことができた。しかし、火の主はわからず、人の火ではないと考え、この地を火の国と呼ぶようになったという。なお、肥の国の地名伝説としては、肥前、肥後の「風土記」に火が天から山に降ったという話もある。この不審火を「しらぬ火」と呼ぶようになった時期は明確ではないが、中世には一般化していたかと思われる。
(2)→次項「しらぬい」の語誌

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しらぬ‐ひ【不知火】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

不知火」の用語解説はコトバンクが提供しています。

不知火の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation