@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

不破の関【フワノセキ】

デジタル大辞泉

ふわ‐の‐せき〔ふは‐〕【不破の関】
岐阜県不破郡関ヶ原町にあった関所東山道を押さえる要地にあった。越前愛発(あらち)の関伊勢鈴鹿(すずか)の関とともに古代三関の一。[歌枕

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふわ【不破】 の 関(せき)
古代三関の一つ。岐阜県不破郡関ケ原町松尾、大木戸坂の上に関跡がある。古代、東山道を押える要地にあたった。延暦八年(七八九)廃止。歌枕。不破の関屋。
※万葉(8C後)二〇・四三七二「荒し男(を)も 立(た)しや憚る 不破乃世伎(フハノセキ)(く)えてわは行く」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

不破の関」の用語解説はコトバンクが提供しています。

不破の関の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation