@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

不義にして富み且つ貴きは、我に於いて浮雲のごとし【ふぎにしてとみかつとうときは、われにおいてふうんのごとし】

故事成語を知る辞典

不義にして富み且つ貴きは、我に於いて浮雲のごとし
財産や地位よりも、道徳礼節を守って生きていくことの方が、人間としては大切である、という教え。

[由来] 「論語じゅつ」に見える、孔子のことばから。「貧しい暮らしであっても、人生のの楽しみを見つけることはできる」と述べたあと、「不義にして富み且つ貴きは、に於いて浮の如し(不正な手段で手に入れた財産や地位は、私にとってはに浮かんでどこかへ流れていく雲のように、はかなくて関係のないものだ)」と述べています。

出典:故事成語を知る辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

不義にして富み且つ貴きは、我に於いて浮雲のごとし」の用語解説はコトバンクが提供しています。

不義にして富み且つ貴きは、我に於いて浮雲のごとしの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation