@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

不自由【フジユウ】

デジタル大辞泉

ふ‐じゆう〔‐ジイウ〕【不自由】
[名・形動](スル)思うようにならないこと。不足や欠けた点があって困ること。不便なこと。また、そのさま。「何かと不自由な暮らし」「小遣いにも不自由する」
[派生]ふじゆうさ[名]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ふじゅう【不自由】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ふじゆう【不自由】
名 ・形動 スル [文] ナリ 
必要な条件が不足したり、欠けたりしていて、思うとおりにならないこと。不便なこと。また、そのさま。 ⇔ 自由 -を忍ぶ 金に-する 何-なく育つ -な生活
[派生] -さ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふ‐じゆう ‥ジイウ【不自由】
〘名〙 (形動)(「ぶじゆう」「ふじゅう」とも)
① 自由でないこと。思うままにならないこと。不便であること。また、そのさま。
※寛永刊本蒙求抄(1529頃)九「陽が下り陰が上れば起座が不自由也」
② (━する) 家計が苦しいこと。貧乏であること。また、そのため思うように金銭が使えなくなることや、そのさま。
※浮世草子・日本永代蔵(1688)二「盆正月の着物もせず、年中始末に身をかため、慰には観世紙縷をして、明暮不自由なる世や」
※人間嫌ひ(1949)〈正宗白鳥〉「私は今日明日のホテルの宿泊料にも、当分の生活費にも不自由してゐないのであった」
③ (━する) 体の一部分が正常に作用しないこと。手足がきかないこと。また、そのため思うような動きができなくなることや、そのさま。
※評判記・野郎虫(1660)山本万之助「くびもいくんで。左右へ。かへり見る事不自由(ふジユウ)さう也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

不自由」の用語解説はコトバンクが提供しています。

不自由の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation