@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

不興【フキョウ】

デジタル大辞泉

ふ‐きょう【不興】
[名・形動]《「ぶきょう」とも。その場合は「無興」とも書く》
興味がなくなること。しらけること。また、そのさま。興ざめ。「座が不興になる」
機嫌が悪いこと。特に目上の人の機嫌をそこなうこと。また、そのさま。「不興を招く」「不興を買う」
親・主君など、目上の人の怒りに触れてとがめを受けること。勘当を受けること。
「親に―せられしが」〈古活字本保元・中〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぶ‐きょう【不興/無興】
[名・形動]ふきょう(不興)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふ‐きょう【不興】
〘名〙 (形動) (「ぶきょう」とも。その場合は「無興」とも表記)
① (━する) 興のさめること。おもしろくないこと。しらけること。また、そのさま。
※愚管抄(1220)四「あまりに何もかも一つ御事にて、無興なるほどなれば」
※太平記(14C後)一三「旨酒高会も無興(ブケウ)して、其の日の御遊はさて止みにけり」
② (━する) 機嫌を悪くすること。機嫌が悪いこと。また、そのさま。
※宇津保(970‐999頃)国譲下「ふけうしたてまつりて、こもりをりてこひかなしび」
③ 主君や父母の機嫌をそこね勘気を蒙ること。勘当を受けること。
※大観本謡曲・巴(室町末)「主従三世の契り絶え果て、永く不興と宣へば」
④ つれないこと。無愛想なこと。かわいがらないこと。また、そのさま。
※浄瑠璃・平家女護島(1719)一「あづまやが思はく余り不興(フケウ)ととどむる折から」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

不興」の用語解説はコトバンクが提供しています。

不興の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation