@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

不要【フヨウ】

デジタル大辞泉

ふ‐よう〔‐エウ〕【不要】
[名・形動]必要でないこと。また、そのさま。不用。「不要な(の)出費を減らす」「暴風雨の中不要不急の外出は避けてください」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いら‐ぬ【不要】
〘連語〙 (動詞「いる(要)」に打消の助動詞「ず」の連体形「ぬ」の付いたもの。連体詞のように用いられる) 不必要な。よけいな。無益な。いらざる。いらない。
※寛永刊本蒙求抄(1529頃)九「これはここにはいらぬ事なれども、雅番の事をついでにたたすぞ」
※野菊の墓(1906)〈伊藤左千夫〉「此母が年甲斐もなく親だてらにいらぬお世話を焼いて、取返しのつかぬことをして了った」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふ‐よう ‥エウ【不要】
〘名〙 (形動) 必要がないこと。いらないこと。また、そのさま。不用。
※正法眼蔵(1231‐53)仏教「三乗十二分教を不要なるところに」
※作戦要務令(1939)一「不要に帰したる施設は適時之を撤収すること必要なり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

不要」の用語解説はコトバンクが提供しています。

不要の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation