@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

不見転【ミズテン】

デジタル大辞泉

みず‐てん【見転】
花ガルタで状況も考えず、手当たりしだいに札を出すこと。転じて、後先を考えずに事を行うこと。「不見転で引っ越す」
芸者などが、金しだいで見さかいなく誰にでもすぐに身をまかせること。また、その芸者。「不見転芸者」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

みず‐てん【不見転】
〘名〙
① 花ガルタで自分の持札や状況を考えることなく、手当たり次第に札を出すこと。転じて、後先かまわず事を行なうこと。見通しもないのに行動すること。
※洒落本・遊婦里会談(1780)「みづ点といふ口上で這入っていふにゃあ」
② (①の「てん」を芸妓がころぶの「転」の字音にかけたものか) 芸妓が客を選ぶことなくたやすく売春すること。また、その芸妓。みずゆき。みず。
※洒落本・大通秘密論(1778)今助六が説「こひつもみずてんといふ女郎だ、ばさらうちとみへる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

不見転」の用語解説はコトバンクが提供しています。

不見転の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation