@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

不起訴【フキソ】

デジタル大辞泉

ふ‐きそ【不起訴】
検察官公訴を提起しないこと。(1)被疑者死亡・公訴時効成立等により訴訟条件を欠く場合、(2)被疑事実が犯罪成立要件を満たさない場合(罪とならず)、(3)被疑者が人違いである場合など犯罪の嫌疑証拠がない場合(嫌疑なし)、(4)被疑事実について犯罪の成立を認定すべき証拠が不十分な場合(嫌疑不十分)、(5)証拠が十分でも犯人の性格・年齢・境遇や、犯罪の軽重情状などを考慮して訴追を必要としない判断をした場合(起訴猶予)などの場合に、不起訴処分となる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ふきそ【不起訴】
検察官が公訴を提起しない処分。犯罪が成立しない、犯罪の十分な証拠がない、訴訟条件を欠く、訴追を必要としない場合等に行われる。 → 起訴猶予

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふ‐きそ【不起訴】
〘名〙 検察官が被疑者を起訴しないこと。犯罪捜査の結果、有罪の見込みのない場合、公訴の要件を欠く場合など。また、犯罪の嫌疑はあるが、情状により起訴することを見合わせる起訴猶予の場合も含む。不起訴処分。
※面白半分(1917)〈宮武外骨〉石川丈山は幕府の犬「仮にも故殺犯として其証憑充分なるものを不起訴(フキソ)としたのは」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

不起訴」の用語解説はコトバンクが提供しています。

不起訴の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation