@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

与話情浮名横櫛【よわなさけうきなのよこぐし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

与話情浮名横櫛
よわなさけうきなのよこぐし
歌舞伎狂言。世話物。9幕。通称『切られ与三』。3世瀬川如皐 (じょこう) 作。嘉永6 (1853) 年江戸中村座で初演長唄芳村伊三郎実話を,乾坤坊良斎講談に仕組み流行したものを劇化した。伊豆屋の若旦那与三郎が,木更津で赤間源左衛門の妾お富となじみ,それが露見して全身に大傷を受け,海にほうり込まれる。お富も身を投げたが和泉屋多左衛門に救われ,源氏店に囲われるが,ここへ同じく命をとりとめてならず者になった与三郎が来てお富をゆする,3幕目の「源氏店」の場が有名。なお書替狂言として,河竹黙阿弥作『切られお富』『坊主与三』がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

よわなさけうきなのよこぐし【与話情浮名横櫛】
歌舞伎狂言。世話物。9幕。3世瀬川如皐(じょこう)作。嘉永6年(1853)江戸中村座初演。木更津の博徒の妾(めかけ)お富と伊豆屋の若旦那与三郎の情話を描いたもので、特に4幕目「源氏店(げんじだな)」の強請場(ゆすりば)が有名。通称「切られ与三(よさ)」。→お富与三郎

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

よわなさけうきなのよこぐし【与話情浮名横櫛】
歌舞伎狂言。世話物。9幕。3世瀬川如皐作。1853年(嘉永6)3月江戸中村座初演。配役は,与三郎を8世市川団十郎,お富を尾上梅幸(のちの4世尾上菊五郎)。通称《切られ与三郎》《切られ与三》。長唄家元4世芳村伊三郎の若いころの逸話を脚色した講釈人情噺から取材して瀬川如皐が8世団十郎のために執筆したもの。江戸伊豆屋の若旦那与三郎は,木更津の浜で見染めた赤間源左衛門の妾お富と密会するが露見してなぶり切りに会い,全身に34ヵ所の刀傷を受け,お富も海へ飛びこむ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

よわなさけうきなのよこぐし【与話情浮名横櫛】
歌舞伎世話物の一。三世瀬川如皐じよこう作。1853年江戸中村座初演。通称「切られ与三」。木更津の博徒の妾めかけお富と伊豆屋与三郎の情話。二幕目の「見染め」と四幕目「源氏(玄冶げんや)店だな」の強請場ゆすりばが有名。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

与話情浮名横櫛
よわなさけうきなのよこぐし
歌舞伎(かぶき)脚本。世話物。九幕。3世瀬川如皐(じょこう)作。1853年(嘉永6)3月、江戸・中村座で8世市川団十郎の与三郎、4世尾上(おのえ)菊五郎(当時梅幸(ばいこう))のお富、4世市川小団次の観音久次(かんのんきゅうじ)、3世関(せき)三十郎の赤間(あかま)源左衛門と和泉屋(いずみや)多左衛門、3世中村仲蔵(当時鶴蔵)の蝙蝠安(こうもりやす)などにより初演。通称「切られ与三(よさ)」。長唄(ながうた)の4世芳村(よしむら)伊三郎の実話をもとにした乾坤坊良斎(けんこんぼうりょうさい)の講談を脚色。眼目の場面「源氏店(げんじだな)」は、実際の江戸の地名玄冶店(げんやだな)(現中央区日本橋人形町三丁目にあった横町名)の音をもじって字をあてたもの。
 伊豆屋与三郎は出養生の木更津(きさらづ)で、貸元赤間源左衛門の妾(めかけ)お富と互いに見染めて密会するが、露顕して赤間からなぶり切りにされ、全身に34か所の刀傷(かたなきず)を受け、投身したお富は和泉屋多左衛門に助けられる。3年後、ならず者になった与三郎は、相棒の蝙蝠安とゆすりに行った源氏店で、囲い者となったお富に会う。安楽そうなお富を見て、与三郎は怒り恨むが、多左衛門がお富の兄だとわかり、その情(なさけ)で二人の仲は元に戻る。
 以上が二幕目「木更津見染め」から四幕目「源氏店」までの粗筋(あらすじ)で、五幕目から九幕目にかけては、和泉屋でゆすりを働いた与三郎が島流しになり、島を抜けて伊豆屋の養父を訪ねたり、大崎の顔役観音久次の妾となったお富に三たび巡り会ったり、家来筋の久次の自害した血によって疵(きず)が治ることなどが描かれている。
 幕末随一の人気役者8世団十郎にむごたらしく疵をつける嗜虐(しぎゃく)趣味が退廃期の世相を表す。大正以降、15世市村羽左衛門(うざえもん)の与三郎、6世尾上梅幸のお富、4世尾上松助の蝙蝠安という名トリオによって屈指の人気狂言となり、とくに「しがねえ恋の情(なさけ)が仇(あだ)」の名台詞(めいせりふ)で知られる「源氏店」はしばしば独立して上演されるようになった。「見染め」も洗練された場面で、この場を序幕とし、「赤間別荘」をつけて「源氏店」まで出すという方法も多い。
 なお、この作の好評が「切られ与三の世界」を生み、河竹黙阿弥(もくあみ)の『処女翫(むすめごのみ)浮名横櫛』(切られお富)と『月宴升毬栗(つきのえんますのいがぐり)』(散切(ざんぎり)お富)、小山内薫(おさないかおる)の『与三郎』、岡鬼太郎の『深与三玉兎(ふけるよさつきの)横櫛』などがつくられている。[松井俊諭]
『竹内道敬編著『歌舞伎オンステージ22 与話情浮名横櫛』(1985・白水社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

よわなさけうきなのよこぐし【与話情浮名横櫛】
歌舞伎脚本。世話物。九幕。三世瀬川如皐作。嘉永六年(一八五三)江戸中村座初演。長唄の四世芳村伊三郎が若いころ、木更津の顔役の妾(めかけ)と密通したのが露顕し、無惨な切られ方をしたが奇跡的に助かったという実話を講釈にしたものをもとに脚色。四幕目「源氏店」の場面が有名。通称「切られ与三」「お富与三郎」→げんやだな(玄冶店)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

与話情浮名横櫛
よわなさけ うきなのよこぐし
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
作者
瀬川如皐(3代)
初演
嘉永6.3(江戸・中村座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

与話情浮名横櫛」の用語解説はコトバンクが提供しています。

与話情浮名横櫛の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation