@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

世界保健機関【せかいほけんきかん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

世界保健機関
せかいほけんきかん
World Health Organization; WHO
健康状態を向上させるための国際協力組織。1923年に設立された国際連盟保健機関と 1909年に創設されフランスのパリに置かれた公衆衛生国際事務局の事業を継承して,1948年に設立された。国連専門機関の一つ。憲章で健康に関する高い理想を掲げ,流行病制圧検疫の統一,薬品の国際基準の作成などを行なうほか,下部国際癌研究機関をはじめ多くの委員会を擁し,国連食糧農業機関 FAOなどとの連携も行ないつつ,幅広い活動を展開している。本部スイスジュネーブ。日本は 1951年に加盟した。2012年現在,加盟国数 194。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

世界保健機関
世界保健憲章(1948年4月7日発効)に基づいて発足した国際連合専門機関の1つ。「すべての人々が可能な最高の健康水準に到達すること」を目的に掲げている。
本部はジュネーブにあり、2006年8月現在、WHOの加盟国は193カ国・地域、準加盟国は2地域である。日本は1951年に正式加盟している。
主要事業活動は、(1)医学情報の総合調整、(2)国際保健事業の指導的かつ調整的機関としての活動、(3)保健事業の強化についての世界各国への技術的協力、(4)感染症及び他の疾病の撲滅事業の奨励・促進、(5)保健分野の研究の促進・指導、(6)生物学的製剤及び類似の製品、食品に関する国際的基準の発展・向上、である。
2009年4月、新型インフルエンザが発生した際には、WHOが中心となって対策が検討された。またWHOのネットワークを通じて検体が迅速に国際社会で共有されたことが、各国の対策やワクチン開発を進める上で大きな役割を果たした。
一方、WHOでは海外での臓器移植自粛を求める指針の策定を検討している。これは09年5月の総会で採択される予定であったが、新型インフルエンザ対策を優先させるために決定が先送りされた。これにより、日本で検討されている臓器移植法の見直しにも影響を与えると見られている。
(星野美穂 フリーライター / 2009年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

せかい‐ほけんきかん〔‐ホケンキクワン〕【世界保健機関】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

世界保健機関
 WHOと略称.国際連合の機関で,保健衛生の分野を担当する.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せかいほけんきかん【世界保健機関 World Health Organization】
国際連合の専門機関の一つ。略称はWHO。すべての人々が可能な最高の健康水準に到達することを目的として設置され,国際連合の事業のうち保健衛生の分野を受け持つ。1946年,国際連合経済社会理事会が招集した国際保健会議で〈世界保健機関憲章〉が調印され,48年4月7日の同憲章発効とともに発足した。日本の加盟は51年。97年現在193ヵ国が加盟している。また発足の4月7日は国際保健デーとなっている。 世界保健機関は本部(事務局)をジュネーブにおき,内部機関として,年1回行われる世界保健総会,32ヵ国の代表で構成される執行理事会,事務局をもち,さらに世界を6地域に分けて,それぞれに地域的機関を設けている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せかいほけんきかん【世界保健機関】
保健衛生問題のための国際協力を目的とする国際連合の専門機関。婦人や児童の厚生、医学教育などをも扱う。1948年設立。 WHO 。フー。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

世界保健機関
せかいほけんきかん
World Health Organization
略称WHO。保健衛生の分野で国際協力を行う国連の専門機関の一つである。1946年の国際保健会議で採択された世界保健機関憲章に基づき、1948年4月7日に発足した。WHOの主要機関には世界保健総会、執行理事会および本部事務局があり、そのほか東南アジア、西太平洋など六地域に委員会と事務局からなる地域機関がある。WHOの事業には、本部事務局が中心となって行う国際衛生規則の施行についての監視、伝染病発生状況報告、衛生統計情報の収集と刊行などと、地域事務局を中心とする専門家の派遣、医療器械や資材の供与といった各国に対する技術援助とが含まれる。
 WHOの本部はジュネーブに置かれ、加盟国は2009年時点で193か国・地域。日本は1951年(昭和26)5月16日に加盟が承認された。日本においては、国立感染症研究所、国立がん研究センター、各大学医学部など33の機関がWHOの協力センターとして指定されており、ウイルス性疾患、がん、肝炎、職業衛生などのテーマについてWHOに協力して研究、情報交換などを行っている。[横川 新]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せかい‐ほけんきかん ‥ホケンキクヮン【世界保健機関】
(World Health Organization の訳語) 国際連合の専門機関の一つ。国際保健事業の指導や保健関連条約の提案・勧告などを行なう。一九四八年発足。本部はジュネーブ。略称WHO。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界保健機関」の用語解説はコトバンクが提供しています。

世界保健機関の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation