@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

世界像【せかいぞう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

世界像
せかいぞう
Weltbild
自己をその一要素として含めた全体的世界に,さまざまな方法によって描写的秩序をもたらすために,人間のつくりあげた概念および諸関係の枠組みのことをいう。したがって事物の空間的配置の認識,時間的変化の認識,事物の因果の認識などを伴った観念所産であり,その内容には事物の性,方位天地上下,季節,動植物,色,生活様式,天文自然,人間の地位,行為,性格,生活資材などその位置づけと意味づけが含まれている。それは信仰神話儀礼のなかに,あるいは民話民間哲学のなかに表現されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せかい‐ぞう〔‐ザウ〕【世界像】
《〈ドイツ〉Weltbild》ある理論または知識の体系に基づいて、客観的、知的にとらえた、世界の全体的な姿・形象

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せかいぞう【世界像】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せかいぞう【世界像】
ある特定の思想的立場からする世界全体のとらえ方。 → 世界観

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

世界像
せかいぞう
Weltbildドイツ語
対象的世界についての、われわれの知識の総体をいう。とりわけ、自然科学的認識によって世界の全体が統一的に連関づけられ、秩序づけられることによって一つのコスモスとして、すなわち、ある調和的宇宙として直観的に表象される場合にこの語が用いられる。ハイデッガーは『世界像の時代』という論文において、近代において初めて人間が主体となり、対象を操作可能なものとして自分の前にたて(表象し)、このようにして世界がその人間にとっての「像」となる、ということがおこったのだと述べている。[伊藤勝彦]
『ハイデッガー著、桑木務訳『世界像の時代』(1962・理想社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せかい‐ぞう ‥ザウ【世界像】
〘名〙 (Weltbild の訳語) ある科学的立場によって描かれる世界の姿。
※物理学と感覚(1917)〈寺田寅彦〉「科学上の実在は人間の作った便宜的相対的のものでなくもっと絶対的な『方則』の系統から成立した実在であると考へ、所謂世界像の統一といふ事を論じて居る」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界像」の用語解説はコトバンクが提供しています。

世界像の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation