@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

世界労働組合連盟【せかいろうどうくみあいれんめい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

世界労働組合連盟
せかいろうどうくみあいれんめい
World Federation of Trade Unions; WFTU
略称世界労連。 1945年2月ロンドンで開かれた世界労働組合会議を経て,56ヵ国の 65団体,約 6700万人の労働者の代表がパリに集り,同年 10月全世界の労働組合の団結強化を目指して結成された国際労働組合組織。世界労働組合会議は,イギリスの労働組合会議 TUC,アメリカの産業別労働組合会議 CIOソ連の労働組合総評議会 (全ソ労評) が設定した。世界労連は最初に国連の非政府組織 NGOとなり,国際労働機関 ILOにおいても勢威をふるったが,マーシャル・プランをめぐって分裂が生じ,TUC,CIOなどは 49年に脱退して国際自由労働組合連盟 ICFTUを結成した。 WFTU本部は 51年にパリからソ連占領下のウィーンに,56年にはプラハに移転した。 1960年代に中ソ対立が生じ,イタリア労働総同盟が 78年に脱退。 90年 11月,モスクワで第 12回大会が開催されたが,すでに全ソ労評は改組改称していた。独立国家共同体 CISの労組総連合が 92年に脱退,WFTUは有名無実となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せかいろうどうくみあいれんめい【世界労働組合連盟】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

世界労働組合連盟
せかいろうどうくみあいれんめい
World Federation of Trade Unions
第二次世界大戦直後に結成された国際的労働組合組織。略称世界労連(WFTU)。第二次世界大戦中、反ファシズムの統一行動を展開した世界の労働者階級は、この経験に基づき、労働組合組織を国際的に統一する必要があると考えるに至った。1945年2月にロンドンで各国労働組合の代表者が集まって協議した結果、1945年10月、パリに6000万の労働者を代表する53か国ないし国際組織の代議員らを結集して世界労働組合大会を開催、世界労連を結成した。結成のイニシアティブをとったのは、戦時中にすでに連携をとり、統一行動を展開しつつあったソ連労働組合中央評議会、イギリス労働組合会議(TUC)、アメリカ産業別組合会議(CIO)、フランス労働総同盟(CGT(セージェーテー))などであった。本部はパリに設置された。
 世界労連の目的は、社会体制、民族、人種、宗教、政治的見解の違いを越えて、全世界の労働組合を団結させ、平和と民主主義を守り、民族的抑圧をなくし、労働者の生活と権利を守ることであった。しかし1947年の東西冷戦開始、とりわけアメリカによるマーシャル・プラン(ヨーロッパ復興計画)の実施を契機にして、アメリカ、イギリスの組合を先頭に分裂的行動が開始された。そして1949年にはついに、ヨーロッパ諸国の大部分の組織は、CGT、イタリア労働総同盟(CGIL(チジル))を除いて世界労連を脱退、アメリカ労働総同盟(AFL)とともに国際自由労連(ICFTU)を結成した。
 さらに、1980年代後半から1990年代前半にかけて、国内の民主化やソ連の崩壊の影響をうけた東欧諸国と、ソ連ナショナルセンターの脱退のほか、フランスCGTも脱退して、多くの主力組合を失い、その組織勢力はきわめて弱まった。WFTUに残ったおもな組織は、キューバ労働総同盟(CTC)、朝鮮職業総同盟、全インド労働組合会議(AITUC)、ベトナム労働総同盟などであった。
 それに、中東(シリア、パレスチナ、レバノン)、中南米(メキシコ、パナマ、ジャマイカ、コロンビア、ブラジル)、アフリカ(セネガル、スーダン)、ほかにギリシア、キプロス、ポルトガル、オーストラリア、スリランカ、ロシアなどをはじめとする諸組合が加わり、WFTUは現在では、グローバリゼーションに対するあらゆるレベルにおける共同闘争の推進、独占と多国籍企業からの労働組合の独立性確保など、全体として発展途上国等を中心とした戦闘的な国際労働組合組織としての性格を強めている。
 2000年3月の第14回世界大会の時点では、120か国、1億3000万人の労働者を組織していると発表されたが、正確な実態は不明である。2005年12月、キューバのハバナで、78か国から273組織を代表して583人が参加し、第15回世界大会が開かれた。本部は2010年10月時点では、ギリシアのアテネにある。
 日本からは2005年(平成17)時点で、産業別インターナショナルである公務インターナショナルに日本国家公務員労働組合連合会(国公労連)、建築インターナショナルに全日本建設交運一般労働組合(建交労)、国土交通省全建設労働組合(全建労)、運輸インターナショナルに建交労、世界教員組合連盟に全日本教職員組合加盟組織の日本高等学校教職員組合(日高教)が加盟している。[早川征一郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せかい‐ろうどうくみあいれんめい ‥ラウドウくみあひレンメイ【世界労働組合連盟】
(World Federation of Trade Unions の訳語) 国際労働組合組織の一つ。一九四五年五六か国の労働者代表が参加しパリで結成。本部はチェコのプラハ。略称WFTU。世界労連。→国際自由労働組合連盟

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

世界労働組合連盟
せかいろうどうくみあいれんめい
World Federation of Trade Union
第二次世界大戦直後の1945年10月,各国の労働者・団体がパリで組織した史上最大の労働者の国際組織。略称は世界労連,WFTU
大戦中の反ファシズム闘争のためのイギリス・ソ連両国の労働組合の共同組織が母体。1949年米・ソの対立を反映して国際自由労働組合連合自由労連)が分離した。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せかい‐ろうどうくみあいれんめい〔‐ラウドウくみあひレンメイ〕【世界労働組合連盟】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界労働組合連盟」の用語解説はコトバンクが提供しています。

世界労働組合連盟の関連情報

関連キーワード

原子爆弾投下第2次世界大戦対日占領政策ミネリ(Vincente Minnelli)内閣総理大臣ディープ・パープルドイツ問題ホロウェイリーンインドネシア

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation