@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

世界時【せかいじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

世界時
せかいじ
universal time
1928年以降採用されている定義によるイギリスのグリニッジ (経度0°の子午線上にある) における1平均太陽時をいう。見かけの太陽運動 (つまり地球の平均的自転運動) に準拠しているために,地球自転運動の変動を考慮する必要がある。その補正を行わないものを UT0,自転軸の方向変動 (経緯度変化) を補正したものを UT1,さらに季節による自転速度変化の補正を行なったものを UT2と呼んで区別する。しかし,地球自転運動はかなり不規則に変動するので測定精度を上げることがむずかしく,また,地球の公転運動に基づいた暦表時 ETとの差が大きくなる。そのため,現在日常使われているのは暦表時・原子時 AT系で,世界時は使用されない。しかし,日常生活の時刻の記述には世界時系のほうが便利である。世界時系によれば,太陽は 12時頃に南中するし,地球上のある地点で恒星がどの位置に見えるかを知ることができるからである。そこで暦表時・原子時系と世界時系との差が大きくなりすぎないように,閏秒を用いて補正を行う。 72年からは,UT1との差が 0.9秒以内になるように定められた協定世界時が一般の常用時刻として使われている。 (→時刻 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せかい‐じ【世界時】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せかいじ【世界時 universal time】
平均太陽時は平均太陽に関する地球の自転角度に基づくもので,その時刻は観測地点の経度ごとに異なる。経度0゜の子午線,つまり本初子午線に関する平均太陽時をとくに世界時と呼ぶ。グリニジ時はこれと同じものと考えてよいが,正式呼称としては〈世界時〉を用いることが勧告されている。世界時の測定では,恒星群の南中観測からまずその地点の恒星時が直接求められ,これと各瞬間の平均太陽の赤経値との差からその地点の地方平均太陽時,つまり地方時が得られる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

せかい‐じ【世界時】
〘名〙 (universal time の訳語) グリニッジ子午線上の平均太陽時をもって世界中一律に用いる時法。もと正午から始まるものであったが、一九二五年から真夜中を零時とするようになった。日本の標準時は世界時に九時間を加えたもの。略称UT。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

世界時
せかいじ

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界時」の用語解説はコトバンクが提供しています。

世界時の関連情報

関連キーワード

斎藤寅次郎島津保次郎清水宏マキノ雅広五所平之助衣笠貞之助田坂具隆稲垣浩小津安二郎キャプラ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation