@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

世界精神【せかいせいしん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

世界精神
せかいせいしん
Weltgeist
世界を支配する統一的な理性原理のことで,神的な力,あるいは精神的な力として考えられる。世界霊魂と同義に用いられる場合もある。東洋ではインドのブラフマンの思想に,西洋ではアナクサゴラスヌース,プラトンのプシュケ,ストアのプネウマをはじめとして,プロチノス,プロクロス,オリゲネス中世ではアベロエスに同様の思想が見出される。しかしキリスト教神学では神が超越的な原理として世界精神に取って代った。近代にいたりドイツ語の「世界精神」がヘルダー,ゲーテらに用いられたのは歴史の意味,歴史哲学との関係においてであり,それが哲学的に深められたのはヘーゲルにおいてである。ヘーゲルでは世界精神は世界史の理性的原理であり,世界史は世界精神の弁証法的展開であるとされた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せかい‐せいしん【世界精神】
世界全体を支配・統制する理性原理。世界霊魂。
ヘーゲルの歴史哲学で、世界史の内に働く超越的な精神。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せかいせいしん【世界精神】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

世界精神
せかいせいしん
Weltgeist ドイツ語

世界を支配する精神的原理のこと。世界精神は、すべてのもののなかに生きた統一として、法則として、神的な力として働き続けていると考えられる。古代インドのブラフマンやアナクサゴラスのヌース、あるいはストアのプネウマ、ブルーノの宇宙霊の思想などにおいてみられる。ヘーゲルは、いかなる民族精神も、どの時代精神も、世界史の歩みのなかで一つの個体の位置を占めるものにすぎず、世界史はただ一つの普遍的実体としての世界精神が自己を顕現し、実現してゆく過程であると考えた。つまり、世界精神の自己実現の過程が世界史であり、世界史においては神の理性が支配しているというのである。

[伊藤勝彦]

『武市健人訳『ヘーゲル全集10 歴史哲学』全二冊(1954・岩波書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せかい‐せいしん【世界精神】
〘名〙
① 世界をつらぬいて統一的に働き、万物の形成・結合・秩序づけを行ない、また人間の個別的精神の根拠をなすと考えられた精神的原理。
② ヘーゲルの哲学で、世界史のうちに自由の実現をめざして自己を開展し実現する神的精神。
※内村鑑三(1949)〈正宗白鳥〉二「要は世界精神の涵養と注入とあるのみと」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界精神」の用語解説はコトバンクが提供しています。

世界精神の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation