@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

世直し一揆【よなおしいっき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

世直し一揆
よなおしいっき
幕末~明治初年に起きた封建的土地制度の改革を目的とした農民一揆。特に明治4 (1871) 年頃まで,東北,関東に広く起った打毀 (うちこわし) は,貧農小作主体とする村落支配層に対する反抗で,年貢減免の専売制撤廃,村役人リコール制確立などがおもな要求であった。また地主層を対象として,小作料の減免,質物の無料返還などが掲げられていた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

よなおし‐いっき〔よなほし‐〕【世直し一×揆】
幕末から明治初年の世直しを標榜した農民一揆総称。貧農や小作人層が中心となり、地主・高利貸しなどに対して、小作地・質地の返還、商人高利貸しの特権排除、村役の罷免などを要求してうちこわしを行った。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

よなおしいっき【世直し一揆】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

世直し一揆
よなおしいっき

幕末・維新期の百姓一揆の総称。世直しを標榜(ひょうぼう)し、直接領主を相手とせず、豪農・商人などに対し打毀(うちこわし)を行うのが特徴である。

[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

世直し一揆
よなおしいっき
幕末〜明治初期にかけておこった百姓一揆の一形態
重税と借金に苦しむ小作人や都市貧民が「世直し」を唱えて,村役人や特権商人・高利貸などを襲い,打ちこわしの様相をもった。天保の飢饉期には全国的に発生し,開港後の経済変動期にも大きな高まりをみせた。1860年代後半に福島・長野・岐阜などの養蚕地帯や戊辰 (ぼしん) 戦争の戦場であった会津・北越などでもおこり,政治体制変革の要求を含み,支配者層に衝撃を与えた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世直し一揆」の用語解説はコトバンクが提供しています。

世直し一揆の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation