@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

世知弁・世智弁【せちべん】

大辞林 第三版

せちべん【世知弁・世智弁】
( 名 ・形動ナリ )
〔仏教の八難の一「世智弁聡」の略〕 世知にたけていること。こざかしいさま。 「上はよろづにつけて優にやさしき風情にみえて、内内は-にて心まさなく/沙石 三・米沢本
勘定高いこと。けちなさま。 「倹約を守るがそれが過ぎて-になる程に/四河入海 21

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せち‐べん【世知弁・世智弁】
〘名〙
① (形動) わずかの事にも損得を気にすること。勘定だかいこと。けちくさいこと。また、そのさま。〔東京教育大本下学集(室町中)〕
※浄瑠璃・女殺油地獄(1721)上「始末・算用・せちべんも、人にこそよれ品にこそ」
② (形動) 「せちべんそう(世智弁聰)」の略。
※米沢本沙石集(1283)三「洛陽になま女房ありける、源氏・狭衣なんど取りちらし、上は万に付けて優にやさしき風情に云(み)へて、内々は世知弁(セチヘン)にて心まさなく」
③ 「せちべんぶくろ(世知弁袋)」の略。〔俚言集覧(1797頃)〕
④ 「せちべんたび(世知弁足袋)」の略。〔俚言集覧(1797頃)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世知弁・世智弁」の用語解説はコトバンクが提供しています。

世知弁・世智弁の関連情報

他サービスで検索

「世知弁・世智弁」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation