@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

世紀児の告白【せいきじのこくはく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

世紀児の告白
せいきじのこくはく
La Confession d'un enfant du siècle
フランスのロマン派詩人アルフレッド・ド・ミュッセの自伝小説。 1836年刊。5歳年長の女流作家ジョルジュ・サンドとの恋愛体験を,いわゆる「世紀病」の憂愁と結びつけて分析したもの。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せいきじのこくはく【世紀児の告白】
原題、〈フランス〉La Confession d'un enfant du siècleミュッセの自伝的小説。1836年刊。ジョルジュ=サンドとの恋愛と失恋を題材に、当時フランスの若者に蔓延(まんえん)していた世紀病実像を描く。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

世紀児の告白
せいきじのこくはく
La confession d'un enfant du siècle

フランスの作家ミュッセの自伝風小説。1836年刊。ジョルジュ・サンドとの不幸な恋愛を描く。自らの罪を悔いる作者は、女主人公ブリジット(サンド)やスミト(恋敵のパジェルロ)を美化し、彼の分身オクターブには厳しい。しかし、同時に自らを世紀児と規定し、愛を不可能にした自身の執拗(しつよう)な不信と懐疑を時代そのもののもつ不安や虚無感に帰している。時代性を要約する第1章は、比喩(ひゆ)の的確さと影像の豊かさで、散文家ミュッセの評価を高めた。

[佐藤実枝]

『小松清訳『世紀児の告白』全二冊(岩波文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世紀児の告白」の用語解説はコトバンクが提供しています。

世紀児の告白の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation