@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

世阿弥【ぜあみ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

世阿弥
ぜあみ
[生]正平18=貞治2(1363)?
[没]嘉吉3(1443)?.8.8.
室町時代の能役者,能作者。観阿弥長男観世座2世大夫。幼名鬼夜叉,藤若,元服して観世三郎元清。文中3=応安7(1374)年か翌年 12歳のおり,父とともに将軍足利義満に見出されて殊遇を受けた。元中1=至徳1(1384)年 22歳で父の死にあったが,観阿弥の大成したをさらに幽玄の能として完成させた。応永8 (1401) 年頃より世阿弥陀仏と号した。同15年義満がし,義持が田楽増阿弥を寵愛してから不遇となり,永享1(1429)年義教が将軍となってからはことに弾圧を受け,同4年,嫡子十郎元雅没後,大夫を音阿弥に譲らされて,同6年佐渡に流された。その後帰洛したか否かは不明。作品は 50番余を数え,芸術論『風姿花伝 (通称花伝書) 』『花鏡』など二十余編を残した。金春禅竹はその女婿

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぜあみ【世阿弥/是阿弥】
[1363?~1443?]室町前期の能役者・能作者。観阿弥の長男で、2代目の観世大夫本名観世元清。通称三郎。足利義満後援を得て、能楽を大成した。「風姿花伝」「花鏡」「至花道」ほか20余部の伝書は、日本の芸術論を代表する。能の作品に「高砂」「老松(おいまつ)」「清経」「井筒」「」「班女(はんじょ)」「融(とおる)」など多数。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

世阿弥 ぜあみ
1363-1443 南北朝-室町時代の能役者,能作者。
貞治(じょうじ)2=正平(しょうへい)18年(一説に翌年)生まれ。観阿弥(かんあみ)の長男。大和猿楽観世座2代大夫(たゆう)。将軍足利義満の後押しで猿楽を幽玄な能(夢幻能)に大成,能楽論「風姿花伝(ふうしかでん)」「花鏡(かきょう)」をあらわす。観世座大夫継承をめぐって将軍足利義教の怒りにふれ,永享6年72歳で佐渡に流された。嘉吉(かきつ)3年81歳で死去したとされる。名は元清(もときよ)。幼名は鬼夜叉,藤若。通称は三郎。法名は至翁善芳。作品に「高砂」「井筒」「班女」など。
格言など】秘すれば花(「風姿花伝」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

デジタル大辞泉プラス

世阿弥
山崎正和による戯曲初演は劇団俳優座(1963年)。同年、第9回「新劇岸田戯曲賞(のちの岸田国士戯曲賞)を受賞。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぜあみ【世阿弥】
1363?‐1443?(正平18?∥貞治2?‐嘉吉3?)
室町時代初期の能役者,謡曲作者。観阿弥の子で2代目の観世大夫。生年は貞治3年とも考えられ,正確な没年享年は不明(1436年には健在)。幼名藤若(ふじわか)(前名鬼夜叉(おにやしや)とも)。通称三郎,実名元清。秦氏を称し,父の芸名だった〈観世〉が同様に通用しはじめ,世人は観世三郎とも呼んだ。中年以後の擬法名的芸名が世阿弥陀仏で,世阿,世阿弥はその略称。現今は世阿弥と呼ぶことが多い。セアミと清んで呼ぶのは誤り。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぜあみ【世阿弥】
1363頃~1443頃 室町前期の能役者・能作者。二代目観世大夫。幼名藤若。通称観世三郎。実名元清。芸名世阿弥陀仏(世阿弥・世阿)。観阿弥の子。大和の人。足利義満の支援を得て、父と共に能を大成した。特に、観阿弥以前のものまね中心の能から歌舞中心の幽玄能に改変し、夢幻能という新しい形式を完成させて、能の芸術性を高めた。作「老松おいまつ」「高砂たかさご」「井筒」「西行桜」「砧きぬた」「班女」など多数。能楽論「風姿花伝」「花鏡」「至花道」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

世阿弥
ぜあみ
(1363?―1443?)
室町時代の能役者、能作者。また理論家、演出家、作曲家として比類ない存在で、父の観阿弥(かんあみ)とともに日本の文化のジャンルに新たに演劇を加えた巨人である。大和猿楽(やまとさるがく)の結崎(ゆうざき)座の創設者観阿弥の長男で、本名は観世三郎元清(かんぜさぶろうもときよ)。幼名は鬼夜叉(おにやしゃ)、やがて二条良基(よしもと)から藤若(ふじわか)の名を賜る。父の死(1384)後、2代観世大夫(たゆう)となる。のち、芸名を世阿弥陀仏(だぶつ)とし、大夫職を長男元雅(もとまさ)に譲って出家入道したあとの法名は至翁禅芳(しおうぜんぽう)
 1374年(文中3・応安7)、父とともに12歳で京都今熊野(いまくまの)で演能したおり、将軍足利義満(あしかがよしみつ)の心をとらえ、以後その惜しみない庇護(ひご)と厳しい指導のもとに能を芸術的に大成した。また、最高の文化人であった摂政(せっしょう)二条良基や、近江(おうみ)猿楽の犬王道阿弥(いぬおうどうあみ)の唯美主義の影響も大きい。大衆の愛顧と支持をよりどころにした観阿弥の行き方、その能の劇的興味に加え、世阿弥は貴族階級の鑑賞眼に訴える高度の詩劇を完成していく。
 世阿弥は「舞歌二道」、つまり演劇的・舞踊的要素と、音楽的要素の融合を目標とし、上品な優雅さ、「幽玄」の美意識を目標とした。その演技術の基本を、気品の表現である「老体」、美そのものの結晶である「女体」、動きのおもしろさの「軍体」の「三体」とし、序破急五段の作劇法を完成した。世阿弥の功績の最大のものは、今日「夢幻能」とよばれる演劇の発想にある。亡霊や神や鬼の登場は、むしろ芸能の原始形態であるが、彼はそれを踏まえつつ、死後の世界から人生そのものを凝縮する、時間と空間を飛躍する前衛的な演劇を創造したのである。その作品群は、物狂い能を除くほとんどが、夢幻能のスタイルで書かれている。
 世阿弥の作品として確実なものは50曲近く、世阿弥らしい曲を加えると倍の数になろう。神の能の類に『高砂(たかさご)』『弓八幡(ゆみやわた)』『養老』『老松(おいまつ)』『放生川(ほうじょうがわ)』『蟻通(ありどおし)』ほか、修羅(しゅら)の能に『八島(やしま)』『敦盛(あつもり)』『清経(きよつね)』『忠度(ただのり)』『実盛(さねもり)』『頼政(よりまさ)』など、今日三番目物とよばれる女体の能に『井筒(いづつ)』『檜垣(ひがき)』『采女(うねめ)』など、四番目物に夢幻能の『西行桜(さいぎょうざくら)』『船橋(ふなばし)』『錦木(にしきぎ)』、夢幻能に準ずる『葵上(あおいのうえ)』『恋重荷(こいのおもに)』『砧(きぬた)』、現在能の『桜川』『班女(はんじょ)』『水無月祓(みなつきばらえ)』『花筐(はながたみ)』『柏崎(かしわざき)』『芦刈(あしかり)』『高野物狂(こうやものぐるい)』『土車(つちぐるま)』『春栄(しゅんえい)』ほか、五番目物に貴公子の霊の『融(とおる)』『須磨源氏(すまげんじ)』、女体の『当麻(たえま)』、鬼の能に『鵺(ぬえ)』『野守(のもり)』『鵜飼(うかい)』『泰山府君(たいさんぷくん)』等々。
 世阿弥はまた多くの芸術論を残したが、15世紀の日本にこのような高度な芸術論が存在したことは驚くべきことであり、外国でも多く翻訳されて評価が高い。ところが、能の家に深く秘せられてきた世阿弥の伝書が、学会に発見されたのは1909年(明治42)のことであった。まず吉田東伍(とうご)によって『世阿弥十六部集』として紹介されたが、その後新資料の発見もあり、現在21の伝書が世に出ている。観阿弥の教えを祖述した『風姿花伝(ふうしかでん)』(花伝書は俗称)を出発点に、世阿弥理論の真髄である『至花道(しかどう)』『花鏡(かきょう)』を経て晩年の『拾玉得花(しゅうぎょくとくか)』『却来華(きゃくらいか)』まで、舞台の体験に裏づけられた思索の深まりをみることができる。その題名に共通する「花」は、能の舞台上の魅力を持続させるための理論であり、「幽玄」とよばれる優雅な理想美が追求され、さらには幽玄を止揚した無心の芸位「闌位(らんい)」に至っている。
 そのほか、幽玄の体系を説く芸位・芸風論に『五位』『九位(きゅうい)』『六儀(りくぎ)』、習道論の『遊楽習道風見(ゆうがくしゅどうふうけん)』、『花鏡』から演出論を抜き出した『花習内抜書(かしゅうのうちぬきがき)』(能序破急事(のうにじょはきゅうのこと))、芸態を図示した『二曲三体人形(にんぎょう)図』、作劇論の『三道(さんどう)』(能作書(のうさくしょ))、音曲論に『音曲口伝』(音曲声出口伝(おんぎょくこわだしくでん))『曲付次第(ふしづけしだい)』『風曲集(ふうぎょくしゅう)』『五音(ごおん)曲条々』、ならびに能の作者の資料としても重要な『五音』、座の統率、各役の職責を説いた『習道書(しゅどうしょ)』、世阿弥の晩年の芸談を次男の元能(もとよし)が筆録した『申楽談儀(さるがくだんぎ)』(世子(ぜし)六十以後申楽談儀)がある。そのほか、『夢跡一紙(むせきいっし)』は嘱望していた長男の元雅の死を悲しむ追悼文であり、『金島書(きんとうしょ)』は最晩年の佐渡配流の心境を淡々と小謡(こうたい)風につづる。
 なお世阿弥自筆の能楽論3種、能本(脚本)9種、書状2種が現存していることは、日本文芸史上最古の例とされ、またその表記法が、分かち書き、当時用例の少ない濁点の使用、現在のような促音の右寄せ、表音式に近い書き方、片仮名、平仮名表記など、世阿弥の独創性を示すものとされる。
 観阿弥は大男であったが、世阿弥は小男であり、その起居動作にリズム感があったという資料が近年発見された。しかし、比類ない名人として世に君臨した世阿弥も、義満の死(1408)後は、ライバル芸能である田楽(でんがく)に将軍家の寵(ちょう)を奪われ、6代将軍足利義教(よしのり)は世阿弥の甥(おい)の音阿弥(おんあみ)をひいきし、世阿弥一座は事ごとに弾圧されるようになる。次男元能は出家して芸を捨て、長男元雅は40歳に満たず伊勢(いせ)に客死する。一座破滅と嘆く世阿弥は、さらに72歳の身を佐渡に流される。理由は不明である。義教暗殺後、許されて娘婿の金春禅竹(こんぱるぜんちく)のもとに身を寄せたかどうか、その墓のありかもまったくわからない。不幸な後半生であったが、その逆境がかえって後世に能を伝えようとする意欲をかきたてたともいえるし、事実、世阿弥の能とその美学、卓越した芸術理論は、現代に生き続けているのである。[増田正造]
『横道萬里雄・表章校注『日本古典文学大系 40 謡曲集 上』(1960・岩波書店) ▽小山弘志・佐藤喜久雄・佐藤健一郎校注・訳『日本古典文学全集 33・34 謡曲集1・2』(1973、75・小学館) ▽久松潜一・西尾実校注『日本古典文学大系 65 歌論集 能楽論集』(1961・岩波書店) ▽伊地知鐵男・表章・栗山理一校注・訳『日本古典文学全集 51 連歌論集・能楽論集・俳論集』(1973・小学館) ▽田中裕校注『新潮日本古典集成 世阿弥芸術論集』(1976・新潮社) ▽表章・加藤周一編『日本思想大系 24 世阿弥 禅竹』(1974・岩波書店) ▽山崎正和編『日本の名著 10 世阿弥』(1969・中央公論社) ▽戸井田道三著『観阿弥と世阿弥』(岩波新書) ▽北川忠彦著『世阿弥』(中公新書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

世阿弥
ぜあみ
1363〜1443
室町時代の能役者・能作者
左衛門太夫元清。観阿弥清次の子。父につぎ3代将軍足利義満の同朋衆として庇護をうけ,父の芸風に歌舞的要素と禅的幽玄美を加えて能を大成した。のち6代将軍足利義教に,甥音阿弥が登用されると,子元雅とともに冷遇・圧迫されたが,逆境でさらに芸風を深めた。『風姿花伝』『花鏡』『申楽談儀 (さるがくだんぎ) 』など能楽書23部が伝わる。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世阿弥」の用語解説はコトバンクが提供しています。

世阿弥の関連情報

関連キーワード

ビッラーニ島津貞久島津貞久フィリップ(1世)ブルゴーニュ公国元の時代(年表)仮名文字遣菊池武朝阿新丸愚問賢注

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation