@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

丘疹【きゅうしん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

丘疹
きゅうしん
papule; papula; Papel
皮膚面から隆起する針頭大から米粒大ぐらいの局限性の発疹をいい,円形楕円形多角形などいろいろな形をしている。大きさは 1cm以下。頂点に小水疱のあるものを特に漿液性丘,その他を充実性丘疹と呼ぶ。また丘疹を構成する要素により表皮性丘疹,真皮性丘疹,表皮真皮性丘疹に分類される。表皮性丘疹は表皮細胞増殖,特に角質層の肥厚によるもので,代表的なものが尋常性ゆうぜい (いぼ) である。真皮性丘疹は真皮組織の増殖,真皮における細胞浸潤,肉芽腫,代謝障害などによる。また表皮真皮性丘疹は表皮の増殖,および真皮における炎症性細胞浸潤による。なお,隆起した病変の内容が液性の場合は,普通,水疱とか膿疱と呼ぶ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きゅう‐しん〔キウ‐〕【丘×疹】
皮膚面から隆起した発疹のうち、待ち針の頭大から豌豆(えんどう)豆大のもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きゅうしん【丘疹】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きゅうしん【丘疹】
皮疹の一。針頭大の限局性に隆起した充実性病変で結節より小さいものをさす。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

丘疹
きゅうしん
皮膚に生じたエンドウ大以下の充実性(膿(のう)などが入っていない)膨隆をいう。同様の病変を小結節とよぶこともある。丘疹と小結節は専門的には多少ことばのニュアンスを異にするが、区別を厳密には定義しがたい。[川村太郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きゅう‐しん キウ‥【丘疹】
〘名〙 皮膚面にできたエンドウマメ大以下の円形または多角形の隆起物。皮膚が炎症を起こしたり、皮脂腺からの分泌物がたまったり、表皮が肥厚したりして起きる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

丘疹」の用語解説はコトバンクが提供しています。

丘疹の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation