@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

丞相【じょうしょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

丞相
じょうしょう
cheng-xiang; ch`êng-hsiang
中国の制。天子を補佐し,天下政務をとる高官戦国時代武王が武王2 (前 309) 年に設けたのに始り,などもおいた。始皇帝国政を担当させ,国 (しょうこく) と尊称した。代にもおかれ,後漢では一時廃止され,三国時代に復活。にはなく,南宋では左右の2相がおかれ,初まであったが以後廃止。その権限は時代により多少異なっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じょう‐しょう〔‐シヤウ〕【×丞相】
《「」も「相」もともに助ける。古くは「しょうじょう」》
古代中国で、天子をたすけて国務を執った大臣。戦国時代から設けられた。宰相
大臣唐名

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しょう‐じょう〔‐ジヤウ〕【×丞相】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しょうじょう【丞相 chéng xiàng】
旧中国において天子を補佐する最高の大臣を宰相と言うが,歴代その名称を異にする。丞相(〈じょうしょう〉とも読む)はその一つで,秦・漢に始まり,六朝を通じて,おおむね丞相が宰相の名であった。もし2人なる時は,左丞相が上で右丞相を下とする。唐になって三省長官中書令,門下侍中,尚書左右僕射を宰相とし,丞相を置かない。のち三省を合わせて同平章事を設けて,宰相の事をつかさどらせ,これが北宋中期に及んだ。神宗の時,改めて左右僕射をもって宰相とし,南宋に入ってこれを左右丞相と改めた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

丞相
じょうしょう

中国前近代、天子を補佐して宰相の任にあたる高官名。春秋戦国時代にこの種の官はあったが、制度が成立したのは秦(しん)代であり、始皇帝は左・右丞相を置き、その上に相国(しょうこく)を置くこともあった。漢はこれを受け、ときとして相国、または(大)司徒と改称したこともあったが、1人ないしは2人の丞相を置いた。唐代では三省の制が完備したためとくに置かれず、南宋(なんそう)の時代に復活したが、明(みん)代の初めにふたたび廃止された。

[尾形 勇]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じょう‐しょう ‥シャウ【丞相】
[1] (古くは「しょうじょう」。「丞」「相」はともにたすける意)
① 古く中国で、天子を助けて国政をつかさどった最高の官。大臣。宰相。
※経国集(827)二〇・道守宮継対策文「漢帝興言窮精微於丞相
※史記抄(1477)八「日本の御所は将軍として丞相を兼ねられたぞ」 〔史記‐秦本紀〕
② 大臣の唐名。
※菅家文草(900頃)二・春日過丞相家門「除目明朝丞相家、無人無馬復無車」
※高野本平家(13C前)一「中納言、大納言に経あがって、剰へ烝相(セウジャウ)の位にいたり」
[2] (「菅丞相(かんじょうしょう)」と呼ばれたところから) 菅原道真(すがわらみちざね)のこと。
※袋草紙(1157‐59頃)下「丞相の御詩に鳥の方を鶴を被作事もあり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

丞相
じょうしょう
中国の最高位の官名
君主を補佐し,補導教訓もできるとされた。春秋・戦国時代から置かれたが,制度として成立したのは秦の時代。君主の専制権力が確立する隋・唐・宋には置かれなかった。南宋時代に復活したが,明では1380年左丞相胡惟庸 (こいよう) の反逆事件で廃止された。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

丞相」の用語解説はコトバンクが提供しています。

丞相の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation