@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

両宮山古墳【りょうぐうざんこふん】

国指定史跡ガイド

りょうぐうざんこふん【両宮山古墳】

岡山県赤磐市穂崎にある古墳。備前地方で最大、岡山県で第3位の大きさの前方後円墳築造は5世紀後半で、周濠をもち、全長は206m。1927年(昭和2)に国の史跡に指定された。2002年(平成14)~2004年(平成16)の確認調査により、周濠の外側をめぐる新たな周濠が発見され、築造当初は2重の周濠をともなっていたことが明らかになった。2重の周濠までを含めると、古墳の総延長は主軸線上で349mにも及ぶ。墳丘は前方部幅約120m、後円部径約100m、前方部、後円部ともに高さは約20m。未調査のため、内部主体部などは不明である。また、両宮山古墳の北側にある陪塚(ばいちょう)、茶臼山古墳は径約20m、高さ約5m、2段築成の円墳で、保存のため2006年(平成18)に追加指定された。墳丘の平面形は大仙陵(だいせんりょう)古墳(仁徳(にんとく)天皇陵)の5分の2の大きさに設計されており、両宮山古墳に埋葬された人物は大和政権の有力首長と強い結びつきをもっていたと推測される。両宮山古墳の西側に備前国分寺跡がある。JR山陽新幹線ほか岡山駅から宇野バス「岩田下車、徒歩約2分。

出典:講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)

両宮山古墳
りょうぐうざんこふん

岡山県赤磐(あかいわ)市和田にある前方後円墳。国指定史跡。墳丘長192メートル、後円部径105メートル、同高23メートル、前方部幅120メートル、同高23メートルで両側に造り出しがある。幅広い周堀と幅6メートルの外堤をもち、墳域の長さは270メートルもあり、後円部外堤に接して陪塚(ばいづか)である茶臼山(ちゃうすやま)古墳がある。内部は未発掘であるが、前方部幅が後円部径を超えるなどの外形の特徴から5世紀後半のものと推定されている。2003年(平成15)には周濠の発掘調査が行われた。この古墳を最後に吉備(きび)の大首長墳は姿を消す。周辺には小山(こやま)古墳(舟形石棺)、朱千駄(しゅせんだ)古墳(長持(ながもち)形石棺)、もり山古墳(帆立貝(ほたてがい)形100メートル)、廻(まわ)り山古墳(87メートル)などの首長墳があり、また同じ砂川水系に玉井丸山古墳(137メートル)もあって、この時期、この地域が吉備地方の中枢であったことを示す。

[今井 尭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

両宮山古墳」の用語解説はコトバンクが提供しています。

両宮山古墳の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation