@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

両院協議会【りょういんきょうぎかい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

両院協議会
りょういんきょうぎかい
日本の国会において両院議決が異なる場合,両者不一致を調整するために妥協案を作る目的で開かれる協議機関。予算条約総理大臣の指名については開催が義務化されている。両院協議会の委員は各議院で選挙された 10名ずつで構成され,協議案は出席議員の3分の2以上の多数決を必要とする。ただし,開催が義務化されている議案はすべて衆議院優越のものばかりであり,その開催は形式的なものになっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

両院協議会
衆参両院の意思が異なった場合、両院協議会で調整が図られる。予算、条約の承認、首相指名衆参両院が異なった議決をした場合は、必ず両院協議会を開き、それでも意見の一致を見ない時は、衆院の議決が国会の意思となる。法案で意思が違った場合は衆院3分の2以上の賛成再議決ができる。協議会は各院で選挙された各10人で構成され、協議案は出席議員3分の2以上の賛成があれば成案となる。
(星浩 朝日新聞記者 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

朝日新聞掲載「キーワード」

両院協議会
予算案や法案、条約の承認などに対する衆参両院の議決が異なった場合に設置される。両院が10人ずつの委員を選出するが、現在は衆院は全員与党、参院は全員野党から選ばれる。議長は衆参のどちらかからくじ引きで選び、2回目以降の会議では交代する。意見が一致しない場合、予算案や条約は衆院の議決が優先され、国会の議決となる。一方、調整によって成案が得られ、両院協の3分の2以上の出席で3分の2以上の多数で議決された場合は、両院で採決される。
(2009-01-27 朝日新聞 朝刊 政治)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

りょういん‐きょうぎかい〔リヤウヰンケフギクワイ〕【両院協議会】
ある議案について、衆参両議院の意見が一致しないとき、意見調整をするために設けられる機関。各議院から選挙された各10名の委員で組織される。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

りょういんきょうぎかい【両院協議会】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

りょういんきょうぎかい【両院協議会】
国会の議決を要する議案につき衆参両議院の意見が異なる場合に、その意見調整のために開かれる会議。各議院で選挙された各一〇名の委員で組織される。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

両院協議会
りょういんきょうぎかい
ある議案について、衆参両院の意見が一致しないときに、意見調整をするために設けられる委員会。各議院において選挙された各10名の委員で組織される(国会法89条)。
 予算(憲法60条2項)、条約(憲法61条)、内閣総理大臣の指名(憲法67条2項)についてはかならず開かれなければならず、協議の結果意見が一致しないときは、衆議院の議決が国会の議決となる(衆議院の絶対的優越、自然承認)。法律案については、両院の意見が一致しないときには、衆議院の請求があれば開かれるが(憲法59条3項)、協議が不調に終わったとき、または参議院が、衆議院の可決した法律案を受け取った後、国会休会中の期間を除いて60日以内に議決しないときには、衆議院は、参議院がその法律案を否決したものとみなすことができる(同条4項)。そして、衆議院で出席議員の3分の2の多数でふたたび可決したときは、その法律案は法律となる(同条2項、衆議院の優越)。
 なお、衆議院から回付された法律案に参議院が同意しなかったときに限って、参議院は両院協議会を請求することができるが、衆議院はこの請求を拒むことができる(国会法84条2項)。それ以外の議案については、一の議院から両院協議会を求められたときは、他の議院はこれを拒むことができない(同法88条)。両院協議会の定足数は、各議院の協議委員のおのおの3分の2以上の出席を必要とする(同法91条)。また表決に関しては、国会法第92条1項において、出席協議委員の3分の2以上の多数で議決されたとき成案となる、と規定されている。[田中 浩]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

りょういん‐きょうぎかい リャウヰンケフギクヮイ【両院協議会】
〘名〙 国会の衆参両院がある議案について意見が一致しないとき、意見の調整を図るために設置される機関。各議院で選挙された一〇人の委員で構成。〔議院法(明治二二年)(1889)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

両院協議会」の用語解説はコトバンクが提供しています。

両院協議会の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation