@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

並列接続【へいれつせつぞく】

日本大百科全書(ニッポニカ)

並列接続
へいれつせつぞく
parallel connection

電気工学において、複数の電源、回路素子などを横一列につなぐことをいう。この場合、すべての素子の両端の電圧が等しくなる。直流回路においては抵抗器が並列に接続されると、全体のコンダクタンス(これを合成コンダクタンスとよぶ)は、各抵抗器のコンダクタンスの和となる。たとえば、それぞれの抵抗器のコンダクタンスの値がG1G2、……、Gnジーメンスのn個の抵抗器を並列に接続したときの合成コンダクタンスGtジーメンスは、GtG1G2+……+Gnとなる。したがって、それぞれ抵抗値がR1R2、……、Rnオームのn個の抵抗器を並列に接続したときの合成抵抗Rtオームは、1/Rt=1/R1+1/R2+……+1/Rnで与えられる。直流電源を並列に接続するのは、普通各電源の起電力および内部抵抗が等しいときに限られる。この場合は、合成電圧は各電源単独の電圧と同じであるのに対し、電流容量は増えるので、取り出しうる電力が増える。交流回路においては、回路素子が並列に接続されると、合成アドミタンスは各回路素子のアドミタンスの和となる。ただしこの場合、各アドミタンスおよび合成アドミタンスとも複素数(実数と虚数単位で表される数)表示された量である。たとえば、各アドミタンスの値が12、……、nジーメンスのn個のアドミタンスを並列に接続したときの合成アドミタンスtジーメンスはt12+……+nジーメンスとなる。したがって、各インピーダンスの値が、Ż1、Ż2、……、Żnオームのn個の回路素子を並列に接続したときの合成インピーダンスŻtオームは、1/Żt=1/Ż1+1/Ż2+……+1/Żnで与えられる。

 交流電源を並列に接続するのは、実用上各電源の起電力、内部インピーダンスおよび周波数が等しいときが多く、この場合の合成電圧は各電源単独の電圧と同じであるのに対し、電流容量が増えるので取り出しうる皮相電力および電力が増える。しかし、直流電源の並列接続のときと異なり、各電源の位相を調整してあわせる必要がある。

 並列接続に対して、複数の電源、回路素子などを縦一列につなぐことを直列接続という。

[布施 正・吉澤昌純]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

へいれつ‐せつぞく【並列接続】
並列2

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

並列接続」の用語解説はコトバンクが提供しています。

並列接続の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation