@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

中原誠【なかはらまこと】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

中原誠
なかはらまこと
[生]1947.9.2. 塩竈
将棋棋士。 16世名人。高柳敏夫門下。 1970年8段に昇進。 72年第 31期名人戦で挑戦者となり,24歳の若さで大山康晴名人から名人位を奪う。 76年 16世永世名人の資格を得る。棋風は合理的で「自然流」と呼ばれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

なかはら‐まこと【中原誠】
[1947~ ]将棋棋士。16世名人。宮城の生まれ。昭和47年(1972)大山康晴を破って名人となる。昭和52年(1977)には名人・十段王位王将棋聖の五冠王となるが、棋王戦加藤一二三(ひふみ)に敗れ、当時の全タイトルとなる6冠制覇は果たせなかった。タイトル獲得64期は歴代3位。永世名人・永世十段・永世王位名誉王座永世棋聖。→17世名人谷川浩司

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

中原誠 なかはら-まこと
1947- 昭和後期-平成時代の将棋棋士。
昭和22年9月2日生まれ。昭和32年高柳敏夫に入門。40年4段,48年9段。47年名人位につき(通算15期),51年16世名人の資格をえる。53年五冠王。タイトル,優勝はあわせて80をこえ,大山康晴時代のあとに中原時代を画した。永世棋聖,永世十段,永世王位,名誉王座。棋風は「自然流」とよばれる。平成15年日本将棋連盟会長。21年引退。鳥取県出身。日大桜ケ丘高卒。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)

中原誠
なかはらまこと
(1947― )

将棋棋士。鳥取県気高(けたか)郡(現、鳥取市)に生まれ、宮城県塩竈(しおがま)市で育つ。5歳で将棋を覚え、1957年(昭和32)高柳敏夫八段に入門。1965年秋に四段、以後順調に昇段、1970年八段。1973年九段。1968年第12期「棋聖戦」で故山田道美(みちよし)九段から初のタイトルを獲得。1972年第31期「名人戦」で大山康晴(やすはる)名人を破り24歳で名人位につき以来連続9期、通算15期名人位にあり1976年に「十六世名人」の資格を得た。

 1974~1976年、日本将棋連盟副会長、2003年(平成15)より2005年まで会長。タイトル獲得は名人、十段、王将、棋聖、王位、棋王、王座の合計64期。「中原自然流」とうたわれ、強さ、棋風の評価が高い。2008年紫綬褒章(しじゅほうしょう)受章。2009年2月引退。

[原田泰夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中原誠」の用語解説はコトバンクが提供しています。

中原誠の関連情報

関連キーワード

カザン(Elia Kazan)新藤兼人イーグルスカシミールジュネ2025年問題ロジンスキー日野T11B+T25型トレーラーバスみずしま3輪 TM3A国家行政組織法

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation