@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

中原【ちゅうげん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

中原
ちゅうげん
Zhong-yuan; Chung-yüan
古代中国の中心地域で,転じて中国とか天下。古代中国文化が繁栄したとその封建諸侯の地域をさし,異文化をもつ民族を周辺の東夷西戎南蛮北狄などの蔑称と対比させて用いた。黄河中流域で現在の河南山東省西部,河北山西省南部,陝西省東部であったが,時代とともに拡大され,南北朝には黄河下流域も入り,宋,元,明では揚子江流域の江南に対して華北一帯を呼ぶ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中原
なかばる
佐賀県東部,みやき町北部の旧町域。脊振山地南斜面および佐賀平野東部にある。 1971年町制。 2005年北茂安町,三根町と合体し,みやき町となる。早くから開けた地で,古墳や古代遺跡がある。米作畜産が行なわれる。第2次世界大戦後,東に隣接する鳥栖市に続いて工業化が進み,機械,自動車部品などの工場が進出。古社綾部八幡神社がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちゅう‐げん【中原】

野原の中央。
辺境に対して、天下中央の地。また、天下。
政権を争う場。また、競争の場。
中国で文明の興った黄河中流域の平原地帯をいう。現在の河南省山東省山西省大部分と、河北省陝西(せんせい)省の一部。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なかはら【中原】[地名]
神奈川県川崎市の区名。中心の小杉は、江戸から平塚市中原に至る中原街道宿駅として発達

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なかはら【中原】[姓氏]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちゅうげん【中原 Zhōng yuán】
中国古代文化の中心で,漢民族発展の根拠となった地域。今日の河南省を中央に東は山東省の西部,西は陝西省の東部にわたる,黄河中下流域の平原をさす。春秋戦国時代には周の王都がその中心に位置していたので,中原を制すれば天下を取ることができると考えられた。成語の〈中原に鹿を逐(お)う〉とは天下を争奪する謂である。のち漢民族の勢力四方に伸び,とくに南方に発展してからも,中原は民族の故郷の地として重視せられた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

なかはら【中原】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ちゅうげん【中原】
広い野原の中央、の意
中国の黄河中流域を中心とした地域。殷いん・周など中国古代文明の発祥地。のち、漢民族の発展に伴い、華北一帯をさすようになる。
(辺境や蛮国に対して)天下の中央の地。
覇権を争う場。また、競争の場。
碁盤の、隅・辺を除いた天元周辺の広いところ。
[句項目] 中原に鹿を逐う

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なかはら【中原】
姓氏の一。平安時代以来の廷臣中原氏は、本姓は十市宿禰とおちのすくね。一〇世紀末中原と改姓、さらに朝臣あそんを賜った。清原氏と並んで代々外記の職を世襲し、局務に携わる一方、明経みようぎよう道の博士家として家学を伝えた。南北朝以後は押小路おしこうじ氏を称した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちゅう‐げん【中原】
[1] 〘名〙
① 広い野原の中央。
※本朝続文粋(1142‐55頃)一・西府作詩〈大江匡房〉「中原抽玉藻、上苑用瓊敷」 〔詩経‐小雅・小宛〕
② 天下の中央の地。辺境や蛮国に対していう語。中国。天下。〔唐詩選国字解(1791)〕 〔春秋左伝‐僖公二三年〕
③ 転じて、政権を争う舞台。また、競争の場。
※談義本・風流志道軒伝(1763)叙「周旋於中原者。其在斯人歟」
[2] 中国の黄河中流域の平原地帯。河南省・山東省西部・河北省と山西省の南部・陝西(せんせい)省東部を含む。漢文化発祥の地で、周代まで政治の中心地であった。チョンユマン。ひいて、中華、中国。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なかはら【中原】
神奈川県川崎市の行政区の一つ。多摩川右岸の低地にある。江戸時代、中原街道の小杉宿があった。電気機器などの工業が盛ん。昭和四七年(一九七二)成立。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なかはら【中原】
姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

中原
ちゅうげん
中国古代文明の発生地である黄河中下流の平原
古来,文化・経済の最も発達した地域であるため,この地方をおさえることが全中国統一の前提とされ,「中原に鹿を追う」の語が生まれた。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中原」の用語解説はコトバンクが提供しています。

中原の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation