@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

中堅【チュウケン】

デジタル大辞泉

ちゅう‐けん【中堅】
社会や団体の中心となって活動する人。「会社の中堅として活躍している」「中堅幹部」
規模や質が中くらいな物。「中堅校に合格した」「中堅商社」
全軍の中央にあり、将軍の直接指揮する精鋭部隊。中軍。
野球で、外野の中央。また、そこを守る選手。センター。
剣道や柔道などの団体戦で、3人制の場合は2番目に、5人制の場合は3番目に戦う人。→先鋒次鋒副将大将

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ちゅうけん【中堅】
ある集団の中心となって活動する人。また、地位や規模などはそれほど上位ではないが、中心となって働いたり、確実な業績を上げたりしている人や団体。 -の社員 -幹部 業界では-の会社
大将に直属する、精鋭で守りの堅い中心部隊。中軍。 敵の-をつく
野球で、右翼と左翼の中間。また、そこを守る選手。センター。
剣道・柔道などの団体戦で、先鋒せんぽうから大将までの間の中央に位する選手の称。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちゅう‐けん【中堅】
〘名〙
① 多くの部隊の中ほどに位置し、大将が直接統率する、最も精鋭で守りの堅い軍。中軍。
※日本外史(1827)六「義貞常掄精強七千。為中堅」 〔後漢書‐光武紀上〕
② 社会または団体の中心となって活動する人。また、地位や規模はそれほど上位ではないが、中心の働き手となったり、確実な業績をあげたりしている人や団体。
※政治小説を作るべき好時機(1898)〈内田魯庵〉「斯の如き代議士を中堅(チウケン)とする政党が国政を宰理する現今」
③ 「ちゅうけんしゅ(中堅手)」の略。〔新式ベースボール術(1898)〕
④ 柔道や剣道の団体戦で、そのチームの先鋒(せんぽう)から大将までの中で中央に位置する選手。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中堅」の用語解説はコトバンクが提供しています。

中堅の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation