@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

中央標準時【ちゅうおうひょうじゅんじ】

世界大百科事典 第2版

ちゅうおうひょうじゅんじ【中央標準時 Japan central standard time】
日本標準時と同じものであるが,これの正式な法的名称に当たる。略してJCSTとも記す。日本では明治19年の勅令によって,標準時は東経135゜の子午線のときを採用することが決められた。その後明治28年の勅令で,(1)それまでの東経135゜の子午線のときを中央標準時と呼ぶこと,(2)台湾およびその近隣地域のため東経120゜の子午線のときが新たに追加され,これを西部標準時と呼ぶことが決められた。しかし昭和12年の勅令で,明治28年の勅令中西部標準時に関する第2条は削除された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ちゅうおう‐ひょうじゅんじ チュウアウヘウジュンジ【中央標準時】
〘名〙 日本で用いられる標準時。兵庫県明石市を通る東経一三五度の子午線を基準として定めた地方平均太陽時で、グリニッジ平均時より九時間早い。日本標準時。JCST。
※本初子午線経度計算方及標準時の制(明治二八年)(1895)一条「帝国従来の標準時は自今之を中央標準時と称す」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちゅうおう‐ひょうじゅんじ〔チユウアウヘウジユンジ〕【中央標準時】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中央標準時」の用語解説はコトバンクが提供しています。

中央標準時の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation