@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

中央海嶺【ちゅうおうかいれい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

中央海嶺
ちゅうおうかいれい
Mid-Oceanic ridge
大洋のほぼ中央部を長く走る海底山脈。最も典型的なものは大西洋中央海嶺。周囲の海底より2~3km盛上がった峰をもつ。海嶺の中心部は起伏の激しい地形をもつが,中軸部にリフト・バレーと呼ばれる深い谷がある。その深さは約 1000~2500m,谷の幅は 30~50kmあるのが普通である。海嶺の高まりの水平幅は地域によって異なるが,普通 500~1000kmある。中央海嶺は地形上の高まりとして認められるばかりでなく,種々の地球科学的特徴からその存在を知ることができる。中央海嶺中軸部には,高い地殻熱流量,活発な浅発地震活動が観測される。また大きな地磁気異常が観測されることも多い。中央海嶺の中心軸は,しばしばトランスフォーム断層と呼ばれる断裂帯で大きくずれている場合がある。なかには海嶺軸が 1000km以上の食違いがみられる場合がある。プレートテクトニクス説では,中央海嶺は大洋底の地殻,プレートを現在つくりだしている場所であり,2つのプレートを分ける境界である。中央海嶺でつくり出された大洋地殻は海嶺軸を中心にして,左右に広がっていくものと考えられる。海底に堆積した堆積物の厚さ,海底地殻の年代,海底の地磁気異常の分布が海嶺軸を中心としてほぼ対称になっていて,海嶺軸から離れるにつれて系統的に変化している事実は,プレート・テクトニクス説の妥当性を裏づけている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちゅうおう‐かいれい〔チユウアウ‐〕【中央海×嶺】
大洋のほぼ中央に連なる幅広い海底山脈。大西洋中央海嶺東太平洋海膨(かいぼう)などがあり、頂上水深は2500メートルくらい。これと平行する地磁気異常が観測され、プレートができる場と考えられている。震源の浅い地震や高い地殻熱流量も観測される。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちゅうおうかいれい【中央海嶺】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ちゅうおうかいれい【中央海嶺】
太平洋、大西洋、インド湾などの大洋のほぼ中央部を走る巨大な海底山脈。マントル対流の盛り上がり部分にあたる。幅1千~4千キロメートル、海底からの高さ2~4キロメートル。多くの断裂帯で切られて大きな食い違いを示し、この食い違いがトランスフォーム断層をなす。 → マントル対流説トランスフォーム断層プレートテクトニクス

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

中央海嶺
ちゅうおうかいれい
大洋底の中央部の幅広い地形の高まり。その頂上部は比高2000~4000メートルにも達する海底の大山脈である。海嶺は地球上の大洋底を連ねる一体の構造で、その延長を合計すると6万キロメートルにもなる。海嶺の頂上部には中軸谷とよばれる幅25~50キロメートルの裂け目状の深い谷があり、その両側に険しい地形がほぼ対称的に展開している。この中軸谷に沿って地震活動が集中し、火山活動もみられる。海洋底拡大説によれば、海嶺は地球内部から物質が上昇してくる所で、中軸谷はその湧(わ)き出し口にあたり、そこで新しい海底が誕生するとされている。[勝又 護]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちゅうおう‐かいれい チュウアウ‥【中央海嶺】
大洋のほぼ中央に連なる海底山脈。東太平洋海嶺からオーストラリアの南をへて、一部は東アフリカ地溝帯に、ほかはアフリカの南を通って大西洋中央海嶺へとつながる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典

中央海嶺

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中央海嶺」の用語解説はコトバンクが提供しています。

中央海嶺の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation