@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

中央省庁再編【ちゅうおうしょうちょうさいへん】

大辞林 第三版

ちゅうおうしょうちょうさいへん【中央省庁再編】
行政改革の柱として、縦割り行政の弊害の排除や行政の簡素化・効率化を図ることなどの目的で行われた、中央行政組織の統合・再編のこと。2001年(平成13)、それまでの一府二二省庁から一府一二省庁(内閣府、防衛庁、国家公安委員会、総務省、法務省、外務省、財務省、文部科学省、厚生労働省、農林水産省、経済産業省、国土交通省、環境省)体制に移行した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中央省庁再編」の用語解説はコトバンクが提供しています。

中央省庁再編の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation