@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

中宮寺【ちゅうぐうじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

中宮寺
ちゅうぐうじ
奈良県斑鳩 (いかるが) 町にある聖徳宗寺院斑鳩尼寺,法興寺とも称する。聖徳太子創建本尊は『菩薩半跏』 (伝如意輪観音,国宝) 。もとは尼寺総本山。『天寿国繍帳』 (国宝) を蔵する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちゅうぐう‐じ【中宮寺】
奈良県生駒郡斑鳩(いかるが)町にある聖徳宗の尼寺。山号は法興山。聖徳太子が、生母用明天皇皇后の穴穂部間人(あなほべのはしひと)皇女没後菩提を弔うためその御所を寺としたのに始まるという。鎌倉時代日浄らが再興。天文年間(1532~1555)伏見宮貞敦親王王女が入寺して以来、尼寺となった。所蔵弥勒菩薩半跏(はんか)像と天寿国曼荼羅(まんだら)は国宝。中宮尼寺中宮寺御所。斑鳩御所。斑鳩尼寺。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

中宮寺
△奈良県生駒郡斑鳩町▽にある寺院。聖徳宗の尼寺で、中宮尼寺、斑鳩御所ともいう。聖徳太子が、母穴穂部間人皇女(あなほべのはしひとのひめみこ)の没後、その御所を寺に改めたのが起源と伝わる。金堂本尊の弥勒菩薩半跏(はんか)像(伝如意輪観音像)、天寿国繍帳は国宝に指定。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちゅうぐうじ【中宮寺】
奈良県生駒郡斑鳩(いかるが)町にある聖徳宗(もとは法相宗,真言宗)の尼寺。中宮尼寺,斑鳩御所ともいう。聖徳太子建立七ヵ寺の一つ。創建当初は現在地の東500mほどの所にあり,16世紀後半ごろに移転したようである。621年(推古29)聖徳太子の母穴穂部間人(あなほべのはしひと)皇女が亡くなった後,その宮を寺に改めたと伝える。葦垣岡本,斑鳩の三つの宮のなかに位置するので中宮(なかみや)寺というとのもある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

なかみやでら【中宮寺】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ちゅうぐうじ【中宮寺】
奈良県斑鳩いかるが町にある聖徳宗の尼寺。聖徳太子が母后穴穂部間人皇女あなほべのはしひとのひめみこの御所を寺としたのに始まるという。国宝の弥勒菩薩半跏はんか像(伝如意輪観音像)・天寿国曼荼羅まんだら繡帳しゆうちようを所蔵する。斑鳩尼寺。斑鳩御所。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

中宮寺
ちゅうぐうじ
奈良県生駒(いこま)郡斑鳩(いかるが)町法隆寺にある寺。法隆寺を中心とする奈良仏教系の聖徳(しょうとく)宗に属する門跡尼寺(もんぜきにじ)。山号を法興山という。別称は中宮尼寺、中宮寺御所(ごしょ)、斑鳩御所といい、また法隆寺を斑鳩寺というのに対して斑鳩尼寺という。全国尼寺の総本山。本尊は如意輪観音(かんのん)。寺の創建に関しては諸説あるが、寺伝では、596年(推古天皇4)、聖徳太子は母の用明(ようめい)天皇皇后(穴穂部間人(あなほべのはしひと)皇女)のために中宮を建て、母没後、その菩提(ぼだい)を弔うために御所を寺刹(じさつ)にしたといい、母を開祖として中宮寺(なかみやでら)と号した。古くから聖徳太子ゆかりの尼寺として栄えたが、鎌倉時代には衰微。江戸時代に復興し、その門跡も代々伏見宮家から迎えられた。現存の建造物はそのほとんどが江戸時代以後のもの。本尊の木造菩薩半跏(ぼさつはんか)像(寺では如意輪観音像というが、一般には弥勒(みろく)菩薩とみられている)、天寿国繍帳(てんじゅこくしゅうちょう)(以上2点は国宝)、紙製文殊(もんじゅ)菩薩立像、紙本墨書『瑜伽師地論(ゆがしじろん)』(以上2点は国重要文化財)などの貴重な文化財が所蔵されている。菩薩半跏像は思惟(しい)半跏の優美な像で、京都広隆寺の弥勒菩薩半跏像とともに飛鳥(あすか)後期の名品として有名である。また天寿国繍帳は、絹布地に色糸で極楽浄土を刺繍(ししゅう)したもので、聖徳太子追善のために製作されたという。わが国最古の刺繍物であるが、現存するのは数個の断片である。[里道徳雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちゅうぐう‐じ【中宮寺】
奈良県生駒郡斑鳩(いかるが)町、法隆寺の東側にある聖徳宗の尼寺。山号は法興山。はじめは法相宗、のちに真言宗。推古天皇一五年(六〇七)聖徳太子が母穴穂部間人皇女(あなほべのはしひとのひめみこ)の菩提を弔うために皇女の御所を寺としたのにはじまる。法隆寺を斑鳩寺と呼ぶのに対し、斑鳩尼寺と呼ばれる。所蔵する本尊の菩薩半跏思惟像(伝如意輪観音)と天寿国繍帳残闕は国宝に指定されている。中宮尼寺。法興尼寺。斑鳩御所。なかみやでら。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

中宮寺
ちゅうぐうじ
奈良県生駒郡斑鳩 (いかるが) 町にある法隆寺東院の尼寺
聖徳太子が母の穴穂部間人 (あなほべのはしひと) 皇后の菩提を弔うため建立。もとの伽藍 (がらん) 配置四天王寺式。本尊『弥勒菩薩像』と『天寿国曼荼羅繡帳 (てんじゆこくまんだらしゆうちよう) 』は飛鳥時代の代表的遺品として有名。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中宮寺」の用語解説はコトバンクが提供しています。

中宮寺の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation