@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

中宮【ちゅうぐう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

中宮
ちゅうぐう
令制では,太皇太后宮 (天皇の祖母) ,皇太后 (天皇の母) ,皇后の三を中宮といい,平安時代以降には皇および同資格の天皇の後宮をさした。一条天皇の正暦1 (990) 年藤原遵子 (じゅんし) の中宮を改めて皇后とし,藤原定子 (ていし) を中宮とした。ここに皇后と中宮が並立するようになったが,遵子は本来天皇の父円融天皇の中宮で,このとき皇太后に一条天皇の生母藤原詮子 (せんし) がなっていたため皇太后となれず,中宮と称していた。長保2 (1000) 年藤原道長の娘彰子 (しょうし) が中宮となり,定子が皇后となるに及んで,一帝に二后の立つ例が始った。このときから二后並立はときどき行われ,中宮が優勢であることが多かった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちゅう‐ぐう【中宮】
禁中内裏のこと。
皇后の御所。転じて皇后別称
皇后・皇太后・太皇太后の三后のこと。
平安中期以後、皇后以外で、皇后とほぼ同格の后(きさき)のこと。
一つの神社で複数の社があるとき、中ほどの位置に建てられた社。→上宮(じょうぐう)下宮(げぐう)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちゅうぐう【中宮】
平安時代のの注釈書《令義解》は皇后の居所である皇后宮の別称であるとし,したがって太皇太后宮,皇太后宮もまた中宮と称したのだとする。このことから中宮は皇后,皇太后,太皇太后の別称ともみられるが,公式令では皇后などが平出(へいしゆつ)すべき称であるのに対して,中宮は闕字(けつじ)すべき称であり,それだけ略称的な呼称であったかもしれない。《続日本紀》では中宮を個人と居所との両様につかっており,前者には藤原宮子,高野新笠,当麻山背等が相当する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ちゅうきゅう【中宮】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ちゅうぐう【中宮】
皇后・皇太后・太皇太后の三宮の総称。なかのみや。
平安中期以降、皇后より後から入内じゆだいした、天皇の妃。身分は皇后と同じ。
皇后、また皇后御所の別名。
一つの神社の複数の社殿が異なる高さの土地に設けられているとき、中ほどに建てられている社殿。 → 上宮じようぐう下宮げぐう

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

中宮
ちゅうぐう
皇后の居所の称。転じて皇后の別称となる。令(りょう)制では太皇太后宮、皇太后宮を加えた三后の称ともされたが、聖武(しょうむ)天皇の生母藤原宮子(みやこ)が皇太夫人としてとくに中宮職(しき)を付置され、中宮とよばれてからは、奈良時代、平安前期を通じて、もっぱら皇太夫人の称となった。しかし皇太夫人は醍醐(だいご)天皇の養母藤原温子(おんし)を最後として絶え、同天皇の皇后藤原穏子(おんし)には、令制どおり、太皇太后で崩ずるまで一貫して中宮職が奉事し、中宮ともよばれた。ついで一条(いちじょう)朝(986~1011)に二皇后併立の例が開かれるに及び、それぞれ皇后宮職と中宮職が付置され、皇后宮(略して皇后)、中宮と称して区別されたが、明治以後、中宮職の廃止とともに、中宮の称も廃絶した。[橋本義彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちゅう‐ぐう【中宮】
〘名〙
① 奈良時代、ひろく宮門内、すなわち禁中。内裏。
※続日本紀‐養老七年(723)正月丙子「天皇御中宮
② 太皇太后・皇太后・皇后の総称。三宮の総称。〔令義解(833)〕 〔周礼注‐天官・内宰〕
③ 皇太夫人、すなわち天皇の母の別称。奈良時代、聖武天皇の母藤原宮子を中宮と称してから始まる。
※続日本紀‐延暦八年(789)一二月庚寅「勅。頃者中宮不予。稍経旬日、雖医療、未応験
④ 平安時代、皇后の別称。
※日本紀略‐延長元年(923)四月二六日「以女御従三位藤原朝臣穏子中宮
⑤ 平安時代以降、天皇の妃。皇后のほかに並立した。一条天皇の代に、藤原道長の女彰子が入内(じゅだい)して中宮となり、それまでの中宮定子(藤原道隆女)を皇后としたのに始まる。
※源氏(1001‐14頃)花宴「弘徽殿の女御中宮のかくておはするを折ふしごとに安からずおほせど」
⑥ 中宮の御所。
※枕(10C終)三九「中宮などには、縫殿より御薬玉とて、色々の糸を組み下げて参らせたれば」
⑦ 神社の社殿の称の一つ。傾斜地に立地する社殿を分けて、上宮・中宮・下宮ということがある。
[語誌]→「こうごう(皇后)」の語誌

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なか‐の‐みや【中宮】
〘名〙
① (「中宮(ちゅうぐう)」の訓読み) 皇后・皇太后・太皇太后の三宮のこと。また、皇后のこと。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

中宮
ちゅうぐう
令制では皇后・皇太后・太皇太后の別称。平安時代には皇后につぐ后 (きさき) をさす
一条天皇のとき,藤原定子と彰子の2人が皇后に立つことになったので彰子を中宮と称してから,皇后につぐ后をさすようになった。皇后と同じ資格・待遇を与えられた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中宮」の用語解説はコトバンクが提供しています。

中宮の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation