@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

中将【チュウジョウ】

デジタル大辞泉

ちゅう‐じょう〔‐ジヤウ〕【中将】
軍人の階級の一。将官の第二位で、大将の下、少将の上。
律令制で、近衛府(このえふ)次官。少将の上で、少将とともに次将または(すけ)ともいう。従四位下相当官だが、三位で任ぜられることも多い。蔵人頭(くろうどのとう)を兼ねる者を頭の中将という。
能面の一。色白で、黛(まゆずみ)をつけた貴公子の面。在原業平(ありわらのなりひら)在五中将)を模したものという。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

中将 ちゅうじょう
?-? 織豊-江戸時代前期の女性。
長門(ながと)(山口県)(はぎ)藩主毛利秀就(ひでなり)(1595-1651)の養育を担当し,終生つかえた。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ちゅうじょう【中将】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ちゅうじょう【中将】
軍隊の階級で、将官の第二位。大将の下、少将の上。
奈良時代、三衛(近衛府・中衛府・外衛府)における三将官制官職の第二位。平安初期の衛府制改革で、三衛が左右近衛府に整理統合されて以降は、左右近衛中将をさす。少将とともに、四等官制の次官にあたる。
能面の一。色白の憂いを含む貴公子の面。「清経」「忠度」の後ジテなどに用いる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちゅう‐じょう ‥ジャウ【中将】
〘名〙
① 奈良・平安時代以降、少将とともに左右近衛府の次官。正と権(ごん)とあり、大将の次位、少将の上位。従四位下相当官。ただし、三位で任ぜられる者も多く、参議でこれを兼任するのが常例。また、蔵人頭(くろうどのとう)を兼ねる者を頭の中将という。また、外衛府や近衛府の前身である授刀衛・中衛府の次官。
※続日本紀‐天平神護元年(765)二月甲子「改授刀衛近衛府、其官員、大将一人、為正三位官、中将一人、為従四位下官
※愚管抄(1220)六「実朝先はこれよりさきに、中納言中将申てなりぬ」
② 女房の呼び名。
※源氏(1001‐14頃)帚木「渡殿に中将といひしが局したるかくれにうつろひぬ」
③ 能面の一つ。色白く黛(まゆずみ)をつけ殿上人の容貌をした男面。在五中将といわれた在原業平を模したといわれるところからの名。「小塩(おじお)」「雲林院(うんりんいん)」など公卿が後シテとなるものや、「清経(きよつね)」「忠度(ただのり)」など平家の公達が後シテとなる能に用いられる。〔八帖花伝書(1573‐92)〕
④ 軍隊の階級の一つ。将官の第二位。大将の下、少将の上。
※建白書(1873)〈山田顕義〉上「聯隊を合する者を『ブリガード』と云〈略〉『ブリガード』を合する者を『ジビジョン』と云〈略〉中将の司令する所の者也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中将」の用語解説はコトバンクが提供しています。

中将の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation