@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

中山王【ちゅうざんおう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

中山王
ちゅうざんおう
琉球(今日の沖縄県)の歴代国王の称号。古来,琉球は中山ともいわれ,特に中国の代以降,1879年の琉球廃止(→琉球処分)まで,国王は中国から琉球中山王の冊封(→朝貢貿易)を受けることをならわしとしていた。歴代中山王では,統一以前の察度(さっと),山北北山)・中山・山南南山)の三王国の統一政権を首里に立てた尚巴志(しょうはし),1469年成立した第二尚氏の中央集権制を推進した尚真王,1609年島津氏の来攻により日本と国の両属関係を決めた尚寧王らが有名。(→尚氏琉球貿易

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちゅうざんおう【中山王】
琉球国中山王が公称琉球国王のこと。14世紀に入ると,沖縄には山北(さんほく),中山,山南とよばれる三つの小国家が出現し,それぞれ〈王〉を称した。中山王の呼称はこのうちの中山の王の称であったが,やがて15世紀初期に中山王の尚氏が他の2国を平定して統一王朝(琉球王国)を樹立すると,そのまま統一王朝の王の呼称として用いられた。1372年の国交関係樹立以後,中山王は中国皇帝の名において派遣される冊封使によって冊封される慣例となり,琉球処分までの500年間この慣例は存続した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

旺文社世界史事典 三訂版

中山王
ちゅうざんおう
琉球王国国王の呼称
琉球では,14世紀以来,北山・中山・南山の3国が鼎立していたが,1429年,中山王の尚巴 (しようはし) がこの3国を統一し,明に朝貢してその冊封を受けた。以後,中山王は琉球王の呼称となった。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちゅうざん‐おう ‥ワウ【中山王】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中山王」の用語解説はコトバンクが提供しています。

中山王の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation