@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

中山【なかやま】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

中山
なかやま
鳥取県西部,大山町東部の旧町域。大山の北斜面から日本海岸にかけて広がる。 1957年中山村と逢坂村が合体して町制。 2005年大山町,名和町と合体して大山町となった。下市は江戸時代前期,山陰道宿場町として発展米作のほか二十世紀梨を産し,畜産も行なわれる。沿岸部ではサザエヒラメ特産。退休寺,木ノ根神社,国指定天然記念物のハマナス自生南限地帯などがある。一部は大山隠岐国立公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中山
なかやま
愛媛県中部,伊予市南東部の旧町域。内山盆地北部にある。石鎚山脈の南端部,肱川の支流中山川上流域のわずかな平地を占める。 1925年町制。 1955年佐礼谷村と合体。 2005年伊予市,双海町と合体して伊予市となる。中心集落の中山は大洲街道の宿場町,出渕は山間盆地の商業中心地として繁栄中山栗の名産地で,1960年代から観光クリ園も開かれ,山腹にはミカン園が増加,タバコの栽培も行なわれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中山
なかやま
千葉県西部,市川市南東部と船橋市の境界一帯の地域。日蓮宗四大本山の一つ法華経寺門前町として発達した。 1960年代以降は東京への通勤者が激増し,急激に都市化している。船橋市側に中山競馬場がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

なかやま【中山】[地名]
千葉県市川市と船橋市にまたがる地名。日蓮宗法華経寺の門前町から発展。中山競馬場がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なかやま【中山】[姓氏]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちゅう‐ざん【中山】
琉球王国の異称。中国側からの呼称。小国家の中山が北山南山を滅ぼし統一王朝を樹立したことからの名。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちゅうざん【中山 Zhōng shān】
中国,春秋戦国時代国名。春秋時代に白狄鮮虞を破り,河北省新楽県付近に建てた国。初め鮮虞とよばれたが,春秋末に河北省唐県付近にうつり,中山と称した。戦国初めに顧(河北定県)にうつったが,前407年魏に滅ぼされた。桓公は霊寿(河北平山県北東)に都をうつして国を再興し,勢力を蓄え,一時は王と称した。前314年にはとともにを討ち,疆域を拡大した。しかし前296年強大になったによって滅ぼされた。なお,最近,中山王墓が発掘され,日本においてもその出土品が展覧された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ちゅう‐ざん【中山】
[一] 古く、中国人が沖縄をさしていった語。一四一六年中山王尚巴志が全島を統一して以来、沖縄を中山国と称した。
[二] 中国広東省南部の都市。中華民国の政治家、孫文の生地であるところから、その号を市名にした。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なか‐やま【中山】
〘名〙 「すずしろ(鬌)」の異称。〔物類称呼(1775)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なかやま【中山】
千葉県市川市の地名。鎌倉時代に法華経寺の門前町として発展。近年、東京近郊の住宅地となる。中山競馬場がある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なかやま【中山】
姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中山」の用語解説はコトバンクが提供しています。

中山の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation