@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

中島コンツェルン【なかじまコンツェルン】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

中島コンツェルン
なかじまコンツェルン
飛行機製造会社中島飛行機中核としたコンツェルンで,第2次世界大戦終結頃まで存在した新興財閥のなかで最も軍需工業的性格が強かった。大戦中,軍用機増産政策により傘下に 67社の下請企業をもつ複合企業体に急成長。中島飛行機は,1945年4月には軍需省第一軍需工廠として民有国営企業になり,戦後返還されて富士産業と改称したが,占領軍によって解体され,富士重工業(→SUBARU),富士精密工業(プリンス自動車工業に改称,1966日産自動車合併)などに引き継がれた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

なかじまこんつぇるん【中島コンツェルン】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

中島コンツェルン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

中島コンツェルンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation